ニュウマン横浜
ニュウマン横浜

6月オープンの注目商業施設5選

Advertising

タイムアウト東京 > Things to do> 6月オープンの注目商業施設5選

タイムアウト東京が注目するニューオープン情報をチェック。6月は、都市型店舗として初のイケアが入居するウィズ原宿、隅田川の新たなランドマークとなる東京ミズマチ、東京湾を望む広大なウォーターフロント、ウォーターズ竹芝などが続々と開業した。

 

ウィズ原宿 ※2020年6月5日オープン

Ikea 原宿

 

Photo: Time Out Tokyo

 

原宿駅の表参道口すぐの場所にあるウィズ原宿(WITH HARAJUKU)。1階には日本初となる都市型店舗のイケアがオープンし、話題を呼んだ。明治神宮の参道として整備された歴史ある表参道と、独自文化の発信地である竹下通りの間に位置し、地下2階から地上3階にはライフスタイル雑貨やスポーツ、アパレルショップ、飲食店のほか、8階には明治神宮の森を一望できるパークビューレストランもあり、原宿の新たなランドマークとして人気だ。 

東京ミズマチ ※2020年6月18日オープン

ダイニング&スマイル ランド エー

 

ダイニング&スマイル ランド エー

 

浅草駅からとうきょうスカイツリー駅間の高架下に開業する複合施設。浅草と東京スカイツリータウンを結ぶ隅田川沿いに、にぎわいのある水辺整備を推進している東武鉄道が墨田区と連携して手がけている。

歩道橋『すみだウォークリバー』の建設とともに、施設内にはコミュニティー型ホステルのワイズアウルホステルズ、表参道のパンとエスプレッソとの新店舗であるむうや、浅草エリア初出店となるデウス エクス マキナ、川沿いで有機野菜のランチを楽しめるカフェ、ダイニング&スマイル ランド エーなどの約12店舗が入居する。

ニュウマン横浜 ※2020年6月24日オープン

ニュウマン横浜

 

ニュウマン横浜

 

横浜駅西口に、新たなシンボルとなる商業施設が誕生。「自分の価値観を持つ自立した女性」をコンセプトに、ファッションや美容、レストラン、カルチャー、ウェルネスなど115店舗が入居している。館内に5カ所のポップアップスペースを設置するほか、ルミネ初の会員制ラウンジスペースを設け、フリードリンクや本を読みながら休憩できる。

バスターミナルに面した1階には、横浜初となるブルーボトルコーヒーがカフェスタンドの形式で出店している。

有明ガーデン ※2020年6月17日オープン

有明ガーデン

 

有明ガーデン

 

約200店舗から成る大型商業施設が有明に開業。H&Mやアシックスなどの大型店舗をはじめ、セガ(SEGA)のアミューズメントエリア、レゴストアなどが入居。隣には劇団四季の劇場や、大規模天然温泉 泉天の湯(現在新型コロナウイルス感染症対策のため開催延期中)が並び、1日いても楽しめるエリアになっている。

ウォーターズ竹芝 ※2020年6月17日タワー棟オープン

アトレ竹芝

 

アトレ竹芝

 

浜松町駅近くの、竹芝ウォーターフロントにオープンした新たな商業施設。文化と芸術を核にした施設で、タワー棟、シアター棟に分かれており、劇団四季の劇場のほか商業施設のアトレ竹芝、ラグジュアリーホテルのメズム東京、オートグラフ コレクションやオフィスなどが入居する。 

関連記事

ユニクロパークが横浜にオープン、親子で遊べる公園を併設

3〜5月オープンの注目フードヴェニュー7選』 

香港企業が開発した溶けるレジ袋 「#インビジブルバッグ」

マリー・アントワネットをテーマにしたデザートフェアが7月1日からスタート

ニューヨーク流、飲食店のソーシャルディスタンス6選』

Share the story
最新ニュース
    Advertising