Uniqlo Park
Photo: Uniqlo

ユニクロパークが横浜にオープン、親子で遊べる公園を併設

パークにはジャングルジムや滑り台、ボルダリングウォールなども

作成者:
Kaila Imada
広告

ユニクロ原宿、銀座のグローバル旗艦店、そして三井アウトレットパーク横浜にできたユニクロパーク(UNIQLO PARK)など、ユニクロの新規店舗が続々誕生している。

横浜にリニューアルオープンしたばかりの、三井アウトレットパーク内にあるユニクロパークは、ユニクロの姉妹店であるGUとの合同店舗。ユニクロのメンズやレディース、キッズの定番商品、GUが展開するトレンディなファッションアイテムなどがそろう。GUとユニクロの両ブランドが同フロアに入るのは今回が初めてである。

Uniqlo Park
Photo: Uniqlo

広々としたGUシューズラボでは、ファッショナブルでありながらも手頃な価格のフットウエアを取りそろえる。また「日常をカラフルに彩ってほしい」という思いのもと新しく始まったフラワーコーナーでは、季節の花束を390円から販売。

Uniqlo Park
Photo: Uniqlo

この巨大なストアが「ユニクロパーク」と名付けられたのは、同店が商業施設でもあり公園でもあるからだ。大きな魅力は、店の前に広がる屋外公園と遊び場だろう。家族みんなで楽しむことができるように、ジャングルジムや滑り台、ボルダリングウォールなどを設置した。

Uniqlo Park
Photo: Uniqlo

屋上庭園には、ベイエリアを一望できる眺めが広がり、瀬戸内海の豊島産のオリーブの木が植えられている。また、三井アウトレットパークに隣接しているので、両サイドへの行き来が可能だ。子ども連れでも、憩いの場があることで長時間のショッピングを楽しめる注目スポットとなるだろう。

関連記事

虎ノ門ヒルズビジネスタワーが6月11日開業、ベイクルーズのパン屋も出店

原宿駅前の大型複合施設、ウィズ原宿が6月5日に開業

3〜5月オープンの商業施設、店舗の注目ヴェニュー6選

渋谷センター街にイケアがオープン

ユニクロが夏の人気商品「エアリズム」のフェイスマスクをリリース

最新ニュース

    広告