ニュース / シティライフ

3月オープンの注目ヴェニュー5選

3月オープンの注目ヴェニュー5選

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ> 3月オープンの注目ヴェニュー5選

タイムアウト東京が注目するニューオープン情報を毎月紹介。今月は、東久留米市に関東最大級の天然温泉を有するスーパー銭湯のオープンや、長らくリニューアル工事を行ってきた、東京都現代美術館の中にオープンするレストラン、睡眠問題を解決できるカフェなど、注目ヴェニューが続々とオープンする。

スパジアムジャポン2019年3月5日オープン

東久留米市に、15種類の風呂とサウナ、5種類の岩盤浴、3万冊の漫画がそろう、関東最大級の天然温泉がオープン。平成の名水百選にも選ばれている東久留米の湧水と同じ水源を使用し、関東エリアでは珍しい透明度が高い温泉だ。また、100床を超える岩盤浴エリアはグランピング気分が味わえる内装に漫画や雑誌、専用カフェがあり、一日中いても時間が足りないくらいだ。

ネスカフェ 睡眠カフェ ※2019年3月6日オープン

ネスレが現代人の睡眠問題を解決すべく、睡眠カフェを大井町にオープン。社会的な問題になっている日本人の睡眠不足。ネスレが提案するコーヒーナップとは、15分程度の短い仮眠の前にカフェインを含むコーヒーを飲む仮眠スタイルのことだ。ちょうど起きるころにカフェインが効果を発揮することを利用して、スムーズな目覚めを促進する。30分のナップコースはリクライニングチェアの使用だが、1時間以上の睡眠コースになるとフランスベッドの高級マットレスも選択できる。夜自宅で睡眠を取れるのが理想ではあるが、外出先でも余った時間を有効利用して思い切り眠れるとはありがたい提案だ。

アソビル ※2019年3月15日オープン

横浜中央郵便局別館が、「遊べる駅近ビル」をコンセプトにした、体験型のエンターテイメント施設に生まれ変わる。屋上も付いた地下1階〜地上4階建のビルで、フロアごとにテーマの異なる様々な体験を提供する。2階には、目玉コンテンツとなるリアル脱出ゲーム『9ルームズ』、不思議の国のアリスの世界を楽しめる『ハートの女王からの脱出』が登場。そのほか、スポーツコート、レストラン街、子どもが遊べるキッズスペースなど、幅広い層で楽しめる様々な「遊び場」が入居予定。1日をかけて楽しめそうだ。

錦糸町パルコ ※2019年3月16日オープン

長く地域の人々に愛されてきた錦糸町の商業施設、楽天地ビルがリニューアルされ、錦糸町パルコがオープン。105店のテナントが入居する。アクセスの良い1階には『COACH』や『FURLA』といったハイブランドが揃うほか、フードホールもオープン。話題のハンバーガー店のウマミバーガー、墨田区の名店スミダコーヒーなどが出店する。

100本のスプーン 東京都現代美術館内 ※2019年3月29日オープン

長らく改装工事を行ってきた、東京都現代美術館。リニューアルを機に、子どもから大人まで大満足できる、人気ファミリーレストラン100本のスプーンが、館内にオープンする。同店は、子どもがいても「お洒落な場所でご飯が食べたい」という大人の気持ちと「大人と同じものを食べたい」という願いをパーフェクトに叶えてくれるファミリーレストランだ。ほぼすべてのメニューにハーフサイズがあり、離乳食は無料で提供。料理ができるまでの待ち時間に子どもと一緒に絵を描いたり、アートと触れ合える様々な仕掛けを用意する。

 関連記事2月オープンの注目ヴェニュー5選

Advertising
Advertising