Art Aquarium
Photo: Art Aquarium

3万匹の金魚が泳ぐ神秘空間が日本橋に誕生

夏の風物詩「アートアクアリウム展」が美術館として8月に開館

作成者: Emma Steen
広告

2007年の初開催以来、14年間で1000万人以上の来場者数を記録したアートアクアリウム。ライトアップされた水槽の中を泳ぐきらびやかな金魚たちの展示は、東京の夏の風物詩にもなっているほどだ。そのアートアクアリウムは2020年8月、日本橋に初の常設館アートアクアリウム美術館をオープンする。

大小さまざまな形の水槽の中を涼やかに泳ぐ3万匹の金魚たちはプロジェクションマッピングされ、より幻想的な演出に。館内は2階建てで、各展示室は五感で楽しめるようだ。

Art Aquarium
Photo: Art Aquarium

2321平方メートルの空間には、貴重な種類の金魚から縁日などで見られる一般的な金魚までが展示され、四季に応じた美しい演出が見所。「金魚の杜」と名付けられた円柱型の水槽や、江戸時代の花街をイメージした「花魁道中」など、展示空間を埋め尽くす彫刻のような水槽は見るものを圧倒するだろう。

Art Aquarium
Photo: Art Aquarium

「洗礼されたデザインとテクノロジーに自然美を融合させて、きらびやかな光景を作り出したかった」という総合プロデューサーの木村英智の思いが込められたアートアクアリウム。木村は、日本の水景に欠かせない金魚や鯉などが日本伝統芸術の中で見落とされがちだと捉え、本展を生命の美しさを感じられる、生きた芸術作品に仕上げた。

Art Aquarium
Photo: Art Aquarium

正確な日にちはまだ発表されていないが、アートアクアリウムは8月のオープンを予定している。今夏、魚たちが織りなす神秘空間を体感できるのが楽しみだ。

関連記事

「フラワー・オブセッション」など草間彌生の新作展が7月30日から

パルコミュージアムトーキョーで新作含むグループ展が開催

「盗めるアート展」を振り返って

渋谷の夜景とシャンパンを、期間限定ルーフトップバーがオープン

チームラボが新しいパブリックアートを発表、豊洲に巨大な滝が出現

最新ニュース

    広告