teamLab Planets TOKYO ©teamLab Universe of Water Particles Falling from the Sky’
Photo: teamLab Planets TOKYO ©teamLab

チームラボが新しいパブリックアートを発表、豊洲に巨大な滝が出現

豊洲にあるチームラボプラネッツ前に、無料で鑑賞できるデジタルの滝が登場する

Advertising

冷たいドリンクを飲みながら、冷房のきいた空間で快適に過ごしたい季節がやってきた。蒸し暑い日は、営業再開し始めたプールへ行ったり美術館へ足を運んで涼んでみるのも良いだろう(もちろんマスクの着用は必須だ)。

チームラボのデジタルアートを存分に楽しめる、チームラボプラネッツチームラボボーダレスは、今月から安全対策を強化してリニューアルオープン。特に、チームラボプラネッツでは、「水に入る」ことをテーマにした作品が展開されており、暑さをしのぐには最適な空間だ。

teamLab Planets TOKYO ©teamLab Universe of Water Particles Falling from the Sky

 

Photo: teamLab Planets TOKYO ©teamLab Universe of Water Particles Falling from the Sky

 

また、2020年7月16日(木)からは屋外で『空から降り注ぐ憑依する滝』と名付けられたパブリックアートの公開が始まる。同作品はチームラボボーダレスにある『人々のための岩に憑依する滝 』をほうふつとさせる新作で、涼やかな滝が石の上に落ちていく様子を再現した巨大インスタレーションだ。

そのほかの作品と同様に、鑑賞者が近づくと水の流れが変わり、滝が人に反応して動く様子や変化が楽しめる。もちろん、本物の滝ではないが信じられないほど涼しげな光景を体感できるだろう。

また、同作品はチームラボプラネッツ前に展示されるパブリックアートのため、チケットを買わなくても無料で鑑賞できるのも魅力。チームラボのパブリックアートには、銀座シックスの『Universe of Water Particles on the Living Wall』や、丸の内キッテの『時に咲く花』、東京スカイツリーにある『隅田川デジタル絵巻』などがある。

空から降り注ぐ憑依する滝』は、チームラボプラネッツの会期が終わる2022年末までの公開を予定。豊洲を訪れた際はぜひ立ち寄ってほしい。

 

関連記事

ホテルニューオータニのプール、今年は宿泊プラン利用者限定で営業

着物ブランドのやまとが、誰でも簡単に着用できる新作浴衣を販売

東京都美術館が7月1日に再開へ、コロナ対策も

初の外国人ディレクターで横浜トリエンナーレが7月17日開幕

作品泥棒OK「盗めるアート」展が7月開催

Share the story
最新ニュース
    Advertising