ルーフトップ
Photo: Shibuya Sky

渋谷の夜景とシャンパンを、期間限定ルーフトップバーがオープン

7月17日から、渋谷スカイがリニューアルオープンへ

作成者:
Kaila Imada
広告
渋谷スカイの展望台は、2019年11月に渋谷スクランブルスクエアの屋上にオープンして以来、都内で最もホットなアトラクションの一つとなった。地上230メートルの高さからは東京の街を360度一望でき、東京タワーや東京スカイツリー、晴れた日には富士山といった東京の主要なランドマークを一望できる。この展望台は新型コロナウイルス感染症の影響で閉鎖されていたが、ようやくリニューアルオープンし、2020年7月17日(金)には新たなルーフトップバーがオープンする予定だ。
ルーフトップ
Photo: Shibuya Sky

この屋上のバー&ラウンジ、通称「ザ・ルーフ」が、7月17日から10月31日(土)までの期間限定オープンする。16時〜22時30分まで営業。アルコールや軽食を楽しみながら、東京のスカイラインを眺めることができる。

ルーフトップ
Photo: Shibuya Sky

街を一望できる居心地の良いソファー席を確保したいなら、事前にチケットを購入しておくといいだろう。ソファー席の予約は1回当たり50分(一人4,000円)までとなっており、シャンパンセット(1人5,000円)も購入できる。ソファー席は1回の予約で2〜4人。

悪天候の場合には、46階のパラダイスラウンジに移動してみよう。床から天井まで、全面に広がる渋谷の景観を楽しめる。

ザ・ルーフの詳細はこちら

東京で外出する際に注意するべき最新ルールはこちら

原文はこちら

最新ニュース

    広告