Tokyo taxi
Photo: Juniperphoton/Unsplash

都内のタクシー、マスク未着用者への乗車拒否が可能に

東京都内の10事業者が約款変更をすでに申請済み

作成者:
Kaila Imada
広告

東京の人々が移動のために公共交通機関を使う中、電車やタクシー会社は新型コロナウイルスのまん延を抑制するために、予防措置を講じた。共同通信によると、日本の国交省は現在、タクシー運転手がマスクをしていない客を乗車拒否することを許可している。

道路運送法上では、タクシー運転手は乗客から暴力をふるわれるといったケースを除き、乗車の拒否が認められていない。国土交通省は、マスクをせずに大声で話すと運転手への感染リスクが高まるとして、正当な理由なくマスクの着用を拒む場合、マスクを着用していない客の乗車を拒否できると定めたタクシー事業者の運送約款を認可。すでに東京都内の10事業者が約款の変更を申請したが、今後は対策強化の動きが全国的に広がる可能性がある。

現在日本のタクシー運転手は、マスクの着用、体温チェック、車内のこまめな消毒や換気などが義務付けられている。寒くなって再び感染が拡大している地域もあり、これからも予防対策はしっかりと続けることが大切だ。

原文はこちら

関連記事

買い物はタクシーに任せる時代に

Uberが東京都内でのタクシーサービスを開始

コロナ禍を予期した消えた小説

ワーケーション促進を後押し、国立公園や温泉街にWi-Fi導入

新型コロナウイルスワクチンの無料提供を決定

最新ニュース

    広告