Tokyo Skytree
Photo: cegoh/Pixabay

海外旅行も解禁か?ベトナムなど4カ国と往来再開に向けて協議が開始

Advertising

いつ海外旅行に行けるかどうかは、誰もが心に抱いている大きな疑問だ。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、現在も111の国と地域から日本への入国が禁止とされており、海外旅行は夢のようなものだ。

しかし、社会的、経済的に結びつきの強い国同士で先行的に往来を始める「トラベルバブル」実現の可能性が高まってきた。これまで、オーストラリアとニュージーランド、タイ、ベトナムがトラベルバブルの可能性がある国として発表されている。2020年6月18日に首相の安倍晋三は、政府のコロナウイルス対策チームとトラベルバブルについて話し合い、計画について一部が明かされた。

ジャパンタイムズの報道によると、新たに発表されたこととして、旅行者は入国前のPCR検査や、アプリによる位置情報の保存、旅行中何をするかが分かる事前の活動計画書の提出などが条件になる。そして、まずビジネス関係者、次に学生、最終的には観光客に適用されるということだ。

東京は現在「ステップ3」に入り、6月19日からは国内の県境をまたぐ移動が可能となった。残るは海外旅行のみだ。

原文はこちら

関連記事

政府が海外からの入国緩和を検討、トラベルバブル導入か

トラベルバブルって何? 世界目線で考える

今知るべき、ポストコロナ観光キーワード3選

自信作が勢ぞろい、夏を乗り切る快適マスク5選

アベノマスク寄付で無料のタピオカドリンクを提供中

Share the story
最新ニュース
    Advertising