Fushimi Inari travel stock
Photo: bobby hendry/Unsplash

1日250人程度の入国許可を検討、ベトナムやタイなど4カ国が対象に

この夏トラベルバブル導入か

作成者:
Kasey Furutani
広告

この夏、日本では毎日250人程度の外国人の入国を許可する可能性が見えてきた。新型コロナウイルス(COVID-19)の症例数が減少し、ゆっくりと経済が再開しつつある日本では現在、旅行の将来が再び議題となっている。この夏、日本では毎日250人程度の外国人の入国を許可する可能性が見えてきたのだ。

最初にトラベルバブルに含まれる見込みがあるとされている国は、オーストラリア、ニュージーランド、タイ、ベトナムの4カ国。111の国と地域は未だに入国禁止措置の影響を受けているが、徐々に国境を開放することを検討している。

ジャパンタイムズ紙の報道によると、オーストラリアとニュージーランド、タイ、ベトナムからの旅行者が対象で、経営者や技術者を含むビジネスマンに限定し、1日250人程度が入国を許可される可能性が高い。日本政府のウイルス対策チームはまだ詳細を詰めているが、今夏の実施を目指している。

この4カ国が選ばれた理由としては、日本とのビジネスや経済面での結びつきが強く、ウイルスの管理が行き届いていることからだ。 政府は入国後は公共交通機関を利用しないことやスマートフォンに位置情報を記録することなどを求めることも検討。そして、将来的には中国や韓国、アメリカも加えられる可能性がある。

現在、外国人居住者(永住者、日本人や永住者の配偶者と子ども、長期滞在者、就労ビザを持っている人を含む)は、法要や医療のために日本を出国した場合など、例外的な状況の下でのみ再入国が許可されている。

関連記事

今旅行できる国が簡単に調べられる便利ツール「Tripsguard」

「人道上の事情あれば」外国人の再入国を許可へ

政府が海外からの入国緩和を検討、トラベルバブル導入か

日本への入国制限を受ける国と地域、5/27に11カ国が追加

今知るべき、ポストコロナ観光キーワード3選

最新ニュース

    広告