中川政七商店『天然素材のさらさら肌ケアマスク』
中川政七商店『天然素材のさらさら肌ケアマスク』

自信作が勢ぞろい、夏を乗り切る快適マスク5選

作成者: Time Out Tokyo Editors
広告

マスク生活がつらい季節になってきた。しかし、夏の本番はこれから。感染症の拡大防止策としてマスクの着用が呼びかけられているが、熱中症も心配されている。そんななか、さまざまな企業が工夫を凝らし、技術を結集させ、夏マスクを製作。ここでは、シンプルなデザインのものを中心に、日本の夏を快適に過ごすための心強い相棒をピックアップした。

1. ニットマスクと麻のフェイスマスク

『のびるニットマスク』
『のびるニットマスク』

日本一のニットの産地、新潟県五泉市に1963年に創業したニット専業メーカーのサイフクが、2019年に立ち上げたニットブランド『226(つつむ)』。マスクを作ってほしいという要望に応え、綿麻素材でUVカット率97の『かおをつつむ/のびるニットマスク やわらか綿麻』を作成。約1カ月で約2万枚を売り上げた。

夏に向けて開発したのが、快適な麻素材を採用した、サラサラと肌にまとわりつかず、ひんやりとした着け心地の『涼しい夏の麻』シリーズ。同シリーズでは『のびるニットマスク』(1,265円)に加え、呼吸が楽な『呼吸しやすい フェイスマスク』(2,970円)、さらには手元からウイルスを予防する『ウイルス予防 ハンドカバー』(3,850円)をそろえる。

『ウイルス予防 ハンドカバー』
『ウイルス予防 ハンドカバー』

ニットマスクは発売中、そのほかのアイテムは2020年6月18日(木)から公式オンラインストアにて発売を開始する。 

2. 接触冷感とUVカット機能付き

photo:nunogokoch
photo:nunogokoch

肌触りにこだわったオーガニックコットンを販売する布ごこちが、機能性素材を使用した『接触冷感 夏用マスク』(1,320円)の予約販売を開始。6月の発送分400枚はすでに完売しているが、現在7月上旬からの発送分の予約を公式サイトで受け付けている。

『接触冷感 夏用マスク』は、肌に触れると冷感が得られる素材(SOLDEFENDER®︎)を使用。特殊な構造を形成した異型断面ポリエステル製で、赤外線や紫外線を遮ることによる遮熱やUVケア、肌に触れると実感する接触冷感など、夏にうれしい機能を併せ持つ。耐洗濯性に優れているので、繰り返しの洗濯にも強く、乾きやすいので手入れも簡単だ。サイズは耳掛け部分のゴムは調整できるフリーサイズ。カラーはシンプルなホワイトとライトブルーの2色展開となる。

3. 靴下の技術を集結、ムレに強い究極の夏用マスク

highbricks
highbricks

ゴルフ景品の企画販売を行うアンバリッドは、靴下メーカーのハイブリックスとともに、洗える冷感マスク『ハイブリックス 洗える ひんやりマスク』(990円)を開発。靴の中という高温多湿の環境下で通気性を保つための、靴下の製造技術を結集させた。 

「接触冷感」「吸水速乾」「抗菌防臭」の素材を使い、通気性にこだわった編み方で、「ムレて不快」「動くと息苦しい」といった問題点を解消した夏用マスクは、軽い運動やアウトドアにもおすすめ。水に濡らせば、さらにひんやり感が持続。外出先でも気軽に洗えて涼しく使える特性を生かし、「手を洗うついでにマスクを洗う」という新習慣を提案する。

highbricks
highbricks

サイズは1種類だが、ゴム紐を調整することで性別や体型を問わず使用できる。カラーは5色(ホワイト、ネイビー、グレー、ライトブルー、ライトピンク)展開

4. 布団の西川の洗える夏マスク

『洗えるクールマスク』
『洗えるクールマスク』

寝具メーカーの『西川』が2020年4月末に発売した『西川の100回洗えるマスク』は、5月末までに約30万枚を販売した。その西川が、日本の蒸し暑い夏に向け、接触冷感機能を持つ『西川 洗えるクールマスク』と、2種類の『西川だからつくれるこだわりマスク』を発売。いずれも日本製の夏用マスクで、洗濯して繰り返し使用可能だ。現在、先行予約を公式サイトから受け付けしている。

『洗えるクールマスク』は、接触冷感機能によるひんやりとした着け心地と、洗濯時の耐久性を兼ね備えた日本製の夏用マスク。フィット感の良い伸縮性生地に接触冷感加工が施した。手洗いによる洗濯が100回可能な耐久性で、接触冷感機能も持続する。価格はMサイズ 2,190円、Lサイズ 2,390円(4枚セットでの販売)

『西川だからつくれるこだわりマスク』(2,000円、ジュニアサイズ 1,800円)は、「COOL 接触冷感素材」「涼感 麻素材」の2種類を用意
『西川だからつくれるこだわりマスク』(2,000円、ジュニアサイズ 1,800円)は、「COOL 接触冷感素材」「涼感 麻素材」の2種類を用意

「COOL 接触冷感素材」は、接触冷感、吸放湿性に優れ、素早く熱を拡散する接触冷感素材を使用。ひんやりとした肌触りでムレを軽減する。「涼感 麻素材」は、涼感と水分の吸収や発散性に優れた麻素材を使用しており、天然素材ならではのさらっとした清涼感のある肌触りが心地よい。いずれも2枚セットでの販売となる。

5. ガーゼのプロが製作、中川政七商店の夏マスク

中川政七商店
中川政七商店

かや織ふきんや工芸品で知られる老舗の中川政七商店が、京都に本拠地を置くオーガニックコットンブランドの『ナデル(NADELL)』(京都市中京区)とコラボ。「天然素材のさらさら肌ケアマスク」をコンセプトにした夏用のガーゼマスクを作り上げた。

『天然素材のさらさら肌ケアマスク』(大人用2,640円、子ども用1,650円)は肌トラブルの原因になりがちな化学繊維や化学的加工を使用しない、天然素材のマスクだ。鼻から口にかけてフェイスラインに沿った立体形状仕上げで呼吸がしやすいのも特徴的で、汗をたくさんかいても清潔に保てるようにオーガニックコットンガーゼ製の当て布が2枚付属する。

マスクは現在、中川政七商店の公式オンラインストアで予約受け付け中。店頭では一部直営店(遊 中川、日本市の一部店舗を含む)で6月22日(月)から販売をスタートする。

テキスト:長谷川あや

関連記事

ユニクロが夏の人気商品「エアリズム」のフェイスマスクをリリース

中川政七商店にガーゼのプロが作る夏用マスク登場

アベノマスク寄付で無料のタピオカドリンクを提供中

イギリスの名門レーベル、ラフ・トレードが日本限定マスクを発売

東京、布マスク作りに最適な手芸店

最新ニュース

    広告