Super market
Photo: あおねこ06/Photo AC

年末年始の休業、時短営業を発表しているスーパーやコンビニ

サミットは3日まで休業、ローソンも一部店舗で正月の営業をストップ

テキスト:
Youka Nagase
広告

2020年も大詰めを迎えようとしている。正月休みに入り、巣ごもりの準備に取り掛かっている人も多いだろう。もしもまだ食料の調達を終えていないのなら、早めに近くのスーパーに駆け込んだ方がよさそうだ。

今年はコロナ渦の中、年末年始のスーパーやコンビニの休業や時短営業の動きが広がる。すでに12月26日から営業時間を短縮していたり、1月3日まで休業する店舗もあるので、下記のリストを参考に買い出しの準備をしてほしい。地域や店舗によって営業スケジュールが異なる場合もあるため、心配な人は各店のウェブサイトや、最寄りの店舗に直接問い合わせするのが確実だ 

ライフ
2020年12月31日は21時まで営業、2021年1月1日、2日は休業 

ヤオコー
2021年1月1~3日は休業(一部の店舗は営業)

サミット
2021年1月1~3日は全店休業

いなげや
2021年1月1~3日は休業(このリストの店舗を除く)

イトーヨーカドー
2020年12月26日~2021年1月1日は営業時間短縮 (一部の店舗は元日休業、各店舗の営業時間は公式サイトを確認

イオン
2020年12月26日~2021年1月1日は営業時間短縮 (各店舗の営業時間は公式サイトを確認) 

ローソン
2020年12月30日〜2021年1月3日全国85店舗で休業、営業時間短縮を実施

今年の正月は、飲食店でも休業や時短営業実施の動きが広がっている。例年以上に年越し準備に気合いを入れ、安心して新年を迎えよう。

関連記事

東京都など大みそかの鉄道終夜運転見直しを要請

まだ間に合う、年末年始のテイクアウト

元日から営業しているレストラン

東京、正月に行ける展覧会

初詣はスパイスで「新春お守りスパイス2021」1月1日発売

最新ニュース

    広告