Blockbuster
Photograph: Airbnb

かつての人気ビデオレンタル店に4ドルで宿泊可能に

ブロックバスターが地元向けにAirbnb掲載を期間限定で開始

作成者:
Anna Ben Yehuda
広告

アメリカにおけるレンタルビデオの代名詞といえるほどメジャーだった、ブロックバスター(Blockbuster)。オレゴン州ベンドに一つの店舗が残るのみ、という状況になってからしばらく経つ。特にここ数カ月間、同店は地元コミュニティーから多くの支援を受けてきたようだ。

店長のサンディ・ハーディングが、それら支援に感謝する目的で、限られた期間ではあるが同店舗をAirbnbに掲載することにした。この奇妙な夏を締めくくるのにぴったりの場所になりそうだ。

Blockbuster
Photograph: Blockbuster

物件の掲載が始まるのは2020年8月17日(日)から。予約できるのは店舗が位置するデシューツ郡の住民に限られる。宿泊サービスの提供期間は9月18日(金)から20日(日)。全て1泊2日のみの予約となり、最大収容人数は4人。

ブロックバスターでの宿泊は、1990年代のアメリカへ戻ったような気分が楽しめるものになるだろう。多くの人が週末に見るためのレンタルビデオを借りていたその頃のように、運良く宿泊予約が取れた人は思う存分映画を見ることができる。さらに素晴らしいのが、宿泊費がたった4ドル(約430円)なのだ。

Blockbuster
Photograph: Blockbuster
Blockbuster
Photograph: Blockbuster

もちろん安全対策は万全。宿泊客はAirbnbのガイドラインに従わなければならない。このガイドラインには、新型コロナウイルスの大流行後に強化された、宿泊客を受け入れるための清掃手順も含まれている。

地元の人たち以外にも「ブロックバスターの魔法」を体験してもらうべく、店長はコールゴリズムというプロジェクトに取り込んでいる。これは映画ファンが「541-385-9111」に電話してスタッフに映画の好みを伝えると、次にどんな作品を見るべきかのレコメンデーションを受けられるサービス。

まさに、かつてブロックバスターの店頭でされていたようなやり取りができるのがうれしい

原文はこちら

関連記事

ハウスパーティーの増加で、Airbnb「まるまる貸切」を禁止

リアルより怖い? お化け屋敷など夏を感じるオンライン体験4選

ニューヨークから2時間、アップステートにある泊まれる図書室

北欧の森に迷い込んだかのような、幻想的なキャンプ施設が誕生

酔いつぶれても大丈夫? 札幌でラーメン屋そっくりなホテルに泊まる

最新ニュース

    広告