Airbnb
Photograph: AirbnbPhotograph: Airbnb

ハウスパーティーの増加で、Airbnb「まるまる貸切」を禁止

25歳未満で3つ以上の肯定的なレビューを得てない人が対象に

作成者:
Anna Ben Yehuda
広告

現在アメリカで、Airbnb物件内での無許可のハウスパーティーの件数が増加していることを受け、同社は25歳未満の一部ユーザーに対して、居住地域内にある一軒家の「まるまる貸切」を禁止すると発表した。具体的には、アメリカに住む25歳未満で、少なくとも3つの肯定的なレビューを得てない人は、自分の住んでいる地域の近くの家を丸ごと予約することはできない。しかし、ホテルや個室など、定住地の近隣外にある物件は引き続き利用できる。

同社がこの決定を発表した公式声明では「Airbnbでの無許可ハウスパーティーの数を減らすことは常に優先事項であり、今まで以上に重要なことです。各地で公衆衛生の義務化が進められている中、アメリカ国内での安全で責任ある旅行をサポートするための行動を取っています」と記している。

2020年初めにカナダでも同様の取り組みが開始され、同社はこうしたハウスパーティーの数が「有意に減少」していることに気付いた。アメリカでもこの問題を解決したいと考え、地理的に制限事項を拡大、アメリカの顧客も対象となった。

公式声明では「圧倒的多数のゲストは物件を自分の家や近所にいるかのように扱い、利用全体の99.95%で安全関連の問題は報告されていません。Airbnbの信頼と安全性の保護を外れる方法を見つけようとする人々は常に存在するでしょうし、年齢制限以上の歳の人でも間違った理由で家を予約してしまう可能性があることを私たちも理解しています。しかし、このポリシーの変更が25歳未満のゲストによる無許可のパーティーを縮小できた経験に基づいて、私たちはこれがコミュニティーの安全を保護し続けるために正しい行動であると信じています」と述べられている。

原文はこちら

関連記事

ニューヨークから2時間、アップステートにある泊まれる図書室

アメリカでの旅行、より安全な交通手段や宿泊施設はどれか

泊まってみたいAirbnbの部屋10選

自宅隔離中のアメリカ各州で最も多かったUber Eats特別リクエスト

ニューヨーク市がコンドームを無料で宅配

最新ニュース

    広告