TSA mask
Photograph: Shutterstock

アメリカでの旅行、より安全な交通手段や宿泊施設はどれか

作成者: Tim Lowery
広告

アメリカの一部の国立公園やビーチが再びオープンし、外出禁止令が緩和されている都市や州も増えてきている。そのため、「アメリカでの旅行は可能か?」「旅行しても大丈夫だろうか?」と、考えている人は多いだろう。

飛行機やレンタカー、Airbnb、ホテルの宿泊、電車などについての現状をまとめた。これらの旅のオプションをどう安全に利用すべきかについては、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)のガイドラインを紹介しよう。また、アメリカを旅行するなら、どのオプションを利用しようが以下の対策はマストだ。

・6フィート(約1.8メートル)の社会的距離を保つ
・マスクや手袋を着用する
・定期的に手を洗う
・人が触れるような場所を適切に消毒する

言うまでもないが、われわれは医療の専門家ではない。以下の情報は、全員が安全についてできることを、知り得る限りで調べたものだ。各自でも気をつけながら旅行をしてほしい。

Flying with mask
Photograph: Shutterstock

1.アメリカの国内線

利用は可能か

アメリカ中で飛行機の利用は可能だ。コロナ禍で、多くの航空会社が以下のように運用を変更している。

・搭乗開始前に、消毒剤をまく
HEPAフィルターを利用し、1時間に何十回も空気を循環させる
・機内食や飲み物サービスの代わりとなる、飲食物の持ち込みを推奨する
・客室乗務員全員のマスク着用を義務付ける
各航空会社のサイトで、利用条件を必ず確認すること

米国運輸保安局(TSA)は最近、空港での新しいガイドラインを発表した。CNBCが伝えたように、搭乗券は係員に手渡すのではなく、印刷したものやスマホで表示したものを自分でスキャンするようになる。さらに、マスク着用は必須で、空港内には手指消毒剤コーナーが設置される。消毒剤は機内への持ち込みも可能になる。現在のところ、連邦政府の指示による乗客の健康状態チェックは実施されていない。

利用するべきか

どちらかといえば、「ノー」に近い。出発地と目的地がある州の最新の感染対策状況をCDCのサイトで事前にチェックして検討するべきだろう。さらに問題は、いったん機内へ乗り込んでしまうと、たとえより厳しいガイドラインが設定されていたとしても、他人と6フィートの距離を保つことが難しいとういうことだ。CDCは、「もしあなたやあなたの愛する人たちが、新型コロナによって重病になる可能性が高いのなら、家族を訪ねるための旅行は特に危険かもしれない」 と注意を促している。旅の計画を中止にするのであれば、アメリカ運輸省が設定している返金などの条件を確認するといいだろう。

2. Airbnb

利用は可能か

利用は可能だ。USAトゥデイによると、Airbnb社は任意の運営手順を発表した。それには適切なクリーニング方法や、次のレンタルまで最低24時間の間隔をとることなどを記載した40ページのマニュアルが含まれているという。

利用するべきか

おそらく大丈夫だ。上記の運営手順は必須ではなく任意であり、注意を促しているのみだと認識しておくべきだろう。また、クリーニング用品を持参し、チェックイン後に手早く消毒することも検討する価値がある。予約する前に、出発地、滞在地における、最新の感染対策状況も確認しよう。最後に、個室やシェアルームではなく、「まるまる貸切」タイプの物件をレンタルすることを強くおすすめする。もちろん、他人との接触を極力減らすためだ。

3. ホテル

利用は可能か

多くのホテルが営業している。CNNによると静電スプレー機による消毒、静電気を利用したスプレー式の掃除機や、非接触でのチェックイン、ビュッフェなどの公共エリアの封鎖といった対応が、多くのホテルで実施されている。

利用するべきか

大丈夫だろう。ただ、USAトゥデイは、Airbnbの方がより安全な選択肢になる場合があることを指摘している。言うまでもなく、Airbnbの物件の方が、ロビーやエレベーターのような公共エリアが少ないからだ。

Person in back seat wearing mask
Photograph: Shutterstock

4. UberやLyftなどの配車サービス

利用は可能か

可能だ。配車サービスは全ての運転手にマスクを着用させ、乗客は後部座席に座り、窓を下にしておくことを義務付けている。

利用するべきか

今の段階では、 利用するべきではないと主張したい。運転手と社会的距離を取ることや、車内で見知らぬ人が触れたかもしれない箇所を避けることも難しいからだ。運営会社が許可しても、相乗りは避けるべきだ。

5. レンタカー

利用は可能か

可能だ。USAトゥデイに詳しく書かれているように、ハーツ、エイビス・バジェット、ダラー・スリフティなど、多くのレンタカー会社が、新たに厳しい消毒清掃ガイドラインを導入している。予約の際には、各社の手順をCDCの消毒清掃の推奨事項に照らしてチェックするのがいいだろう。

利用するべきか

おそらく大丈夫だ。 利用する会社の消毒清掃ガイドラインを見て安心しても、旅行中に立ち寄る場所は最小限にするべきだ。例えば、出発前に必要な全ての必需品(スナック菓子など)は購入しておこう。そしてほかのオプションと同じ用に、旅行中に行く場所の最新の感染対策状況をチェックすることを忘れずに。

Amtrak Acela, NYC to DC
Photograph: Courtesy CC/Flickr/Ryan Staely

6. 鉄道とバス

利用は可能か

路線にもよるが、利用は可能だ。アムトラック(バスも運行している)などの運行会社では、乗客や乗員に車内でホームでのマスク着用を求めている。マスクがなければ乗車ができないので、注意が必要だ。

利用するべきか

「ノー」に近いだろう。鉄道旅行をするなら、食堂車や他の乗客が集まる場所には近づかないことを強く勧める。バスに関しては、今は、避けるべきだろう。

7. 船

利用は可能か

今のところ、運行が再開されていない。運行会社は早ければこの夏にも運航を再開したいと考えているようだ。

利用するべきか

「ノー」だ。

原文はこちら

関連記事

到着時の隔離ナシ、ポルトガルが早くも観光客の受け入れを再開

日本への入国制限を受ける国と地域、5/27に11カ国が追加

規制緩和を開始したスペイン、7月に観光客受け入れへ

バリ島、10月から観光客の受け入れ開始へ

トルコ、6月15日から海外観光客受け入れへ

最新ニュース

    広告