Uber Eats
Photograph: Shutterstock

自宅隔離中のアメリカ各州で最も多かったUber Eats特別リクエスト

Advertising

アメリカのUber Eatsは、各州の最も多いカスタマイズのリクエストを発表した。同社は、2020年4月にアメリカ35州で最も人気の注文を発表しているが、今回はさらに同社のデータをさらに掘り下げてレポートを発表、各州の食の好みが浮き彫りになった。

Travel + Leisureによると、最も顕著な傾向としては、タコスとライムが人々が一番注文した人気の組み合わせであることが分かった。その次には、フレンチフライと塩が続いている。また、自宅隔離期間にはその前と比較して「ソースを多め」 「タマネギなし」 「キュウリなし」のリクエストが増え、それまでは多かった「付け合わせのドレッシング」 「ベーコンなし」は減少した。

同社のデータから、アイダホ州、モンタナ州、オレゴン州、バーモント州、ワシントン州の人々は、概してアメリカのなかでも最も礼儀正しく、注文時に「ありがとう」と「お願いします」と書くことが最も多いということも分かった。

以下は、各州で最も多かった特別リクエストだ。 
※アラスカ州とサウスダコタ州は、データに含まれていない。

アラバマ:ヤムヤムソース追加
アリゾナ:ワカモレなし
アーカンソー:チキン追加
カリフォルニア:ピコデガヨ(サルサ)なし
コロラド:ワカモレなし
コネチカット:ドレッシング追加
デラウェア:キュウリなし
フロリダ:ドレッシング追加
ジョージア:パリパリに
ハワイ:全てライス付きで
アイダホ:タマネギ追加
イリノイ:(ホットドッグは)ケチャップやマスタードなし
インディアナ:レモンペッパー追加
アイオワ:ピコデガヨ(サルサ)なし
カンザス:フレンチフライのソース追加
ケンタッキー:ピクルス追加
ルイジアナ:パクチーなし
メイン:塩と酢
メリーランド:ソース追加
マサチューセッツ:よく焼いて
ミシガン:ハニーマスタード
ミネソタ:ミディアムスパイシー
ミシシッピ:ホットソース追加
ミズーリ:ドレッシング追加
モンタナ:オリーブなし
ネブラスカ:野菜なし
ネバダ:サルサなし
ニューハンプシャー:マイルド
ニュージャージー:塩、コショウ、ケチャップ
ニューメキシコ:氷少なめ
ニューヨーク:トーストして
ノースカロライナ:ホワイトソース追加
ノースダコタ:サワークリーム追加
オハイオ:ライトなソースで
オクラホマ:マスタード追加
オレゴン:モヤシはなし
ペンシルバニア:塩とコショウ
ロードアイランド:ブルーチーズ
サウスカロライナ:ホワイトソース追加
テネシー:スイートティーで
テキサス:チーズ追加
ユタ:ワカモレなし
バーモント:ブルーチーズ追加
バージニア:マヨ追加
ワシントン:サラダなし
ウェストバージニア:ケチャップは2個
ウィスコンシン:チーズ追加
ワイオミング:ハラペーニョなし

原文はこちら

関連記事

コロナ禍のアメリカで最も人気のファストフード店は「ソニック」

カリフォルニアのホテルでルームサービスロボットが活躍

郡ごとにアメリカの今の状況が分かる新型コロナ感染マップ

デルタやアメリカンが国内線で酒類提供を中止

Uberが東京都内でのタクシーサービスを開始

Share the story
最新ニュース
    Advertising