1. Covid-19 PCR test
    Photo: Mufid Majnun/Unsplash
  2. Covid testing
    Photo: Russell Tate/United Nations COVID-19 Response/Unsplash

東京でPCR検査と陰性証明書を取得できる場所

1,900円から検査可能、クリニックやPCR検査センターのほか郵送やサブスクリプションも

Kaila Imada
テキスト:
Kaila Imada
翻訳:
Time Out Tokyo Editors
広告

新型コロナウイルスの影響で旅行に関するルールや規制が頻繁に変更されているため、最新の情報を把握するのは難しいかもしれない。しかし渡航の予定がある人は、安全に出国するために必要なものを知っておくことが大切だ。

日本から出国する際、航空会社や目的地によっては、搭乗前または入国(地域)前の72時間前までの検査結果が陰性証明が必要な場合がある。旅行の際に検査結果の陰性証明書が必要かどうかは、必ず該当する航空会社や大使館で確認しよう。

ここではスムーズな帰省や出張をするために、PCR検査と旅行に必要な証明書を発行している病院やクリニックのリストを紹介する

なお、感染症による症状がない人のみが対象。症状のない検査は、国民健康保険の対象外となり、検査費用は全額自己負担で、料金もさまざまだ。また、クリニックや検査センターのほとんどは事前の予約が必要なため、余裕を持って予定を立てよう。

※2021年11月18日情報更新

英語記事はこちら

東京国際空港 第1旅客ターミナル 4階 マーケットプレイス、第2旅客ターミナル 地下1階

羽田空港第1ターミナルと羽田空港第2ターミナルにある検査センター。PCR検査は最短30分で結果が判明する、『クイック検査』を用意、1,900円で受けられる。証明書の発行も可能だ。

公式ウェブサイトから予約が必要。

東京都渋谷区道玄坂2-10-3 麺匠真武咲弥

渋谷区にある、PCR検査キットが4,500円で購入できる自動販売機。レイクタウン たけのこ耳鼻咽喉科が提供しているサービスだ。検査キットを入手し、自宅で唾液検査を行った後、同院に郵送すると結果をメールで受け取れる。

ほかには、ラ・リコタワー大崎前、浄名院前(上野桜木)麺匠真武咲弥(渋谷)などに設置されている。詳細はこちら

広告

東京都新宿区歌舞伎町1-30-1 新宿プリンスホテル 地下2階


西武新宿駅内の新宿プリンスホテル地下2階に入居するPCR検査専門のクリニック。駅からのアクセスが良く、土・日曜・祝日も開院している。PCR検査は9,900円、証明書の発行は1万6,000円。

前日までに公式ウェブサイトから予約が必要。

広告
広告
広告

東京都中央区日本橋3-14-3 武田江戸橋ビル

日本橋駅から徒歩4分の場所にある検査センター。1,980円で翌日検査結果が届く『通常通知』と、採取当日に結果が分かる『クイック通知』(9,900円)という検査が受けられる。なお、証明書の発行(5,500円)は別途手続きが必須だ。

公式ウェブサイトから予約が必要。

24時間対応で空港内に2カ所:第1ターミナル中央ビル 3階、第2ターミナルビル 1階

事前予約は必要ないが、予約も可能。検査と証明書は3万円から。詳細はこちらから確認してほしい。(英語対応のサイトも併設)

広告

東京都渋谷区恵比寿4-1-18 恵比寿ネオナート 2階

予約なしで当日検査ができる。海外渡航者向けPCR検査(無症状者)2万4,200円、陰性証明書の発行は3,300円(英語5,500円)。詳細はこちら

広告

東京都江東区平野2-11-5 パシフィック第二門前仲町 2階

PCR検査は2万2,000円、陰性証明書の発行は3,000円(英語5,000円)。英語、中国語対応可能。詳細はこちら

広告

東京都港区赤坂8-10-16、検査実施日は月・火・木・金曜 9時~9時30分(祝日を除く)

PCR法検査が2万9,700円、陰性証明書(日英併記)の発行は3,300円。詳細はこちら。電話での事前予約が必須。

検体引き渡し後、最短3時間で陰性証明書を入手できる『陰性証明書付きクイックPCR検査』(2万5,300円)を提供しているクリニック。

同サービスのシステムは少し特殊だ。公式ウェブサイトから申し込み、渋谷駅のハチ公前広場でスタッフから検査キットを受け取る。オンライン診療を受診しながら唾液を採取し、同じ場所に待機しているスタッフに検体を渡した後、検査結果と陰性証明書がメールで通知されるというもの。

検査キット受け渡し時間は11時から17時30分まで、土・日曜・祝日が営業しているのもうれしい。

広告

週1回、定期的に検査が受けられる月額制サービス。検査キットが自宅に到着し、検査を受けた後、次のキットが送付される。送料が自己負担の『サブスク週1ライト』(月額9,900円)が最もリーズナブルなプランとなっている。

公式ウェブサイトから申し込みが必要。

PCR検査とオンライン診療がセットになったサービス(1万9,470円)。自宅に届いた検査キットを返送し、結果が通知された後、オンライン診療の日時を予約するシステムだ。当日、担当の医師に容体を相談することもできる。

公式ウェブサイトから申し込みが必要。

広告

東京都世⽥⾕区喜多⾒1-18-6

衛生検査所が行う郵送検査サービス。通常のPCR検査(3,300円)に加え、変異ウイルス検査付きのPCR検査も提供している。団体だけでなく個人に対してもスタッフの出張サービスをオプションで追加できる点が魅力だ。

検査済証の発行には別途手続きが必須で、陰性証明書の発行はできない。

公式ウェブサイトから申し込みが必要。

 

新型コロナに関する情報をチェックするなら……

広告
  • Things to do

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって、私たちは今、かつてないほどの変化の時代を迎えている。グローバルなシティガイドとして東京のさまざまな情報を発信してきたタイムアウト東京は、ポストコロナ時代のシティライフを読み解くための試みとして、国内外の識者によるインタビュー企画をスタート。ここではアーカイブを紹介していく。

おすすめ
    関連情報
      広告