1. 第25回 亀戸天神梅まつり
    第25回 亀戸天神梅まつり
  2. 京王百草園
    Photo: Pixta
  3. 梅まつり:府中市郷土の森
    梅まつり:府中市郷土の森
  4. 梅まつり:府中市郷土の森
    梅まつり:府中市郷土の森(TOMOHISA-TAMUDRAJ)

東京、梅まつり2022

神社、庭園など、梅の名所で早春の訪れを感じる

テキスト:
Genya Aoki
広告

タイムアウト東京 > Things To Do > 東京、梅まつり2022

桜に比べると地味な印象ではあるが、早春の訪れを感じさせてくれる梅。早いものでは正月あたりから花を咲かせ、2月には見頃を迎える。ほのかな香りを漂わせ、緩やかに咲きそして散るのが梅の特徴だ。

松竹梅のなかでは下位に当たる梅だが、江戸の人々はこの花を春を告げる花として愛でた。東京には、意外と多くの梅見スポットがある。庭園や神社といった風情ある名所や、のんびりと梅を楽しめる公園など東京の梅の盛りを堪能しよう。

日本で最も古い公園の一つである都立芝公園梅林で『芝公園梅まつり』が開催。今年はコロナ対策のため、現地開催はなくオンラインでの動画の配信となる(公開時期は3月中を予定)。

同公園には約70本の紅梅と白梅が植えられており、その白梅の美しさから「銀世界の梅」とも呼ばれている。

動画では、芝公園梅林の風景やお点前、琴演奏が配信予定。人々の喧騒(けんそう)から離れて、家でゆっくり梅鑑賞もいいだろう。 

東京の春を満喫する……

東京、ショートケーキ15選
  • レストラン
  • パティスリー・洋菓子屋

日本におけるケーキの定番といえば、やはりショートケーキ。海外にも「ショートケーキ」は存在するが、我々が知る、スポンジ、生クリーム、イチゴのケーキは日本独自のスタイルだ。日本人にとってなくてはならない存在のため、フランス仕込みの本格的なパティスリーでも多くの店が日本式のショートケーキを作っている。

アーモンドを練り込みキルシュを染み込ませた生地に、カスタードとバタークリームを合わせた「ムースリーヌ」を挟んだフランス式のショートケーキ「フレジエ」も魅力的だが、ここでは日本式に限定して紹介する。イチゴのシーズンである冬から春にかけてのみ販売する店も多いので、注意してほしい。

広告
  • レストラン

フルーツサンドは、ただのかわいい食べ物ではない。果物は熟度を調節しながら食べ頃のものを使用したり、使うフルーツによってクリームの甘さを変えたり、相性の良いパンを研究したり、作り手の丁寧で繊細な作業の積み重ねによって作り上げられているのだ。

フルーツサンドを食べられる店は東京だけでもいくつもあるが、ごろっとタイプや細切りタイプなど、果物の切り方一つとっても店によって全く異なり、それぞれの特色やこだわりを感じられるのもまた面白い。

ここでは、都内にあるフルーツパーラーやカフェ、ベーカリーなどで提供されているいちおしのフルーツサンドを紹介する。みずみずしいフルーツに、ほんのり甘いクリーム、そして美しい断面。我々をこれ以上幸せにしてくれる食べ物はほかにあるだろうか。季節の果物を使用している店も多いので、年間を通してフルーツサンドの世界を堪能してほしい。

 

  • ショッピング
  • 花店・フローリスト

 

植物には、リラックス効果や空気清浄効果、目の疲れやストレスも低減させる力がある。2020年から2022年は、働き方や暮らし方に大きな変化があった年だ。

未だ先の見えないウィズコロナ時代、自宅で過ごす時間が増えた今だからこそ、心身共に癒やしをくれるグリーンを暮らしに加えてみてはいかがだろうか。定番の観葉植物から一風変わった多肉植物、庭を彩るガーデン植物まで、東京のグリーンショップを紹介する。

 

おすすめ
    関連情報
      広告