1. 浅草演芸ホール パブリックキャット
    Photo: Keisuke Tanigawa
  2. 浅草演芸ホール パブリックキャット
    Photo: Keisuke Tanigawa
  3. 浅草演芸ホール パブリックキャット
    Photo: Keisuke Tanigawa

パブリックキャット 第45回

落語定席の看板猫:ジロリ(推定8歳)浅草演芸ホールにて

編集:
Time Out Tokyo Editors
テキスト:
Miyoko Hashimoto
広告

タイムアウト東京 > Things to do > パブリックキャットシリーズ > パブリックキャット 第45回

写真:Keisuke Tanigawa

浅草にある都内有数の落語定席、浅草演芸ホール。落語だけでなく、漫才や漫談、マジック、紙切りなど、多彩な演目を365日楽しめるエンターテインメントの聖地だ。ゆっくりと演芸に興じるのもいいが、せっかくならテケツ(切符売り場)でこちらをジロっと見つめる看板猫のジロリに会ってほしい。

名前:ジロリ(♂) 性格:おとなしく、犬にも物怖じしない
好きなこと:寝ること。お姉さんたちと遊ぶこと

2016年に館内でのネズミ被害に困っていた社長が、猫に退治してもらおうとスタッフに提案したことがきっかけで、看板猫探しが始まった。周りに相談していたところ、同ホールに出演していたアーティストに「いい猫がいる」と紹介してもらったのが、当時推定1歳半のジロリ。名前は、辺りを「ジロリ」と見渡していたことから付けられた。

出合った当初から人懐っこく、すぐにスタッフの膝の上に乗ってきてくれたそうだ。今でも人見知りせず、スタッフ以上に出演者やお客さんと仲良くなるのが上手なのだそう。

中でも、浅草演芸ホールに度々出演する林家ペーは餌を与えるほどジロリを溺愛。近所のファンや客から差し入れをもらうことも多く、「自分の餌は自分で稼ぐ」スタイルを貫いている。2021年には、落語家の桂三木助がTwitterで投稿したジロリの写真が反響を呼び、今もなおファンは増え続けている。

ネズミ退治もお手のもので、これまでに計12匹を仕留めている。朝出勤すると、ネズミをくわえたジロリに遭遇することも。おっとりとした性格からは想像できないグロテスクなシーンだが、ジロリのおかげでここ最近はネズミの姿を見なくなったという。彼におびえて逃げ出したのかもしれない。

入り口右手にある売店には、弁当や菓子に並んで、ジロリグッズを販売。浅草演芸ホールをジロリ目線で紹介する落語入門フォトブック『浅草演芸ホールの看板猫の落語入門』はぜひチェックしてほしい。

基本的に寝ていることが多いジロリだが、運が良ければ起きているかもしれない。浅草を訪れる際には、浅草演芸ホールのテケツをのぞいてみよう。

—ある一日のスケジュール—

7時ごろ 健康チェック後、スタッフと遊ぶ
8時30分ごろ 開場準備
11時ごろ 開場。チケット売り場で接客の手伝い
21時ごろ 閉場とともに自由時間がスタート。主に館内でネズミ捕りのパトロール

  • ステージ
  • 浅草

観光客でにぎわう浅草寺からすぐそばの「公園六区」と呼ばれる歓楽街中心にある有名な寄席。都内に4軒ある落語定席の一つだ。

1964年のオープン以来、落語を中心に、漫才やマジック、曲芸、講談などのバラエティーに富んだ公演を行っている。萩本欽一やビートたけしなどを輩出したことで有名だが、ほかにも桂文楽、古今亭志ん生、三遊亭円生といった伝説の名人たちが高座に出演していた。

毎月10日ごとに出演者と演目が入れ替えられる。昼の部と夜の部があるが、入れ替え制をとっておらず、3,000円で一日中楽しむことも可能だ。夜割りもあり、18時入場なら2,500円、19時入場なら2,000円で入れるので、仕事帰りに寄るのもいいだろう。

※営業時間の詳細は公式ウェブサイトを確認

かわいい猫に出合いたいなら……

  • Things to do

都内や東京近郊の店で働く看板猫を紹介するシリーズ。カフェや花屋、セレクトショップなど彼らの職場はさまざまだが、その愛らしい姿にきっと誰もが癒やされることだろう。

豊かな表情を収めた写真とともに、店にやってきた経緯や好きな食べ物、性格なども紹介していくので、仕事に励む姿はもちろん、彼らのマイペースな一面もぜひのぞいてみてほしい。

  • ショッピング

パーツ一つとっても絵になる猫。その愛らしい姿をモチーフに作られたスイーツは、上品なもなかやバームクーヘン、ケーキなどさまざまだ。人一倍猫好きであろう職人たちが生み出したそのスイーツは、単に見た目がかわいいだけではなく、味でもしっかりと楽しませてくれる。

ここでは、おいしさとユーモアをもたらしてくれる、東京土産にもぴったりな猫おやつを紹介する。

広告
  • Things to do

東京には猫好きを満足させるユニークなスポットがある。特に、日暮里駅から南に延びる古き良き風情のある谷中は「猫の街」と呼ばれ、たくさんの人懐っこい野良猫が街中を歩き、カフェやギフトショップ、そしてギャラリーまで、猫をモチーフにした店が多く軒を並べている。

ここでは、谷中でおすすめの猫関連スポットと、そのほかにある猫好き必見の場所を紹介する。

おすすめ
    関連情報
      広告