浅草演芸ホール

  • ステージ
  • 浅草
  1. 浅草演芸ホール
    浅草演芸ホール
  2. 浅草演芸ホール
    浅草演芸ホール
広告

タイムアウトレビュー

観光客でにぎわう浅草寺からすぐそばの「公園六区」と呼ばれる歓楽街中心にある有名な寄席。都内に4軒ある落語定席の一つだ。1964年のオープン以来、落語を中心に、漫才やマジック、曲芸、講談などのバラエティーに富んだ公演を行っている。萩本欽一やビートたけしなどを輩出したことで有名だが、ほかにも桂文楽、古今亭志ん生、三遊亭円生といった伝説の名人たちが高座に出演していた。

毎月10日ごとに出演者と演目が入れ替えられる。昼の部と夜の部があるが、入れ替え制をとっておらず、3,000円で一日中楽しむことも可能だ。夜割りもあり、18時入場なら2,500円、19時入場なら2,000円で入れるので、仕事帰りに寄るのもいいだろう。

※営業時間の詳細は公式ウェブサイトを確認

詳細

住所
東京都台東区浅草1-43-12
Tokyo
アクセス
東京メトロ銀座線『田原町』駅 徒歩5分/東京メトロ銀座線・東武伊勢崎線・都営浅草線・つくばエキスプレス『浅草』駅 徒歩1分/JR山手線・東京メトロ銀座線・都営浅草線『浅草』駅 徒歩10分
営業時間
昼の部 11時40分〜16時30分、夜の部 16時40分〜21時00分
広告
関連情報