荻窪、ご近所ガイド(北口編)

杉並区内で最大規模のターミナル駅、荻窪北口を巡る
作成者: Shiori Kotaki |
Advertising

タイムアウト東京 > ご近所ガイド > 荻窪、ご近所ガイド(北口編)

テキスト:間庭典子

杉並から武蔵野や練馬エリアをつなぐターミナル駅、荻窪北口。駅ビルのタウンセブンやルミネなどもあり、住民にとってもショッピングの拠点になっている。駅前だけでも十分に事足りてしまうが、せっかくならばもう一歩深く、この街を歩いてみてほしい。本場のフレンチやエスニックを堪能できるレストラン、ハチミツ専門店 ラベイユのパティスリー、トップアスリートもトレーニングするクライミングジムや卓球道場など、実はマニアックな「聖地」が結集しているのだ。ここではぜひ、わざわざ「巡礼」してほしい14のスポットを紹介する。

ショッピング

はちみつスウィートへ飛ぶ。

icon-location-pin 荻窪

パティスリー ドゥ ラベイユ

全国各地にある、はちみつ専門店ラベイユから誕生したパティスリー ドゥ ラベイユ。パリの片隅にあるようなスタイリッシュな店内には、ハチミツを使った色とりどりのケーキやメレンゲなどの菓子が並んでいて華やか。奥のキッチンから次々とアップルパイ、ショーソン オ ポム、カヌレが運ばれ、店内は焼きたての甘い香りに包まれる。10ヶ国、80種のハチミツと良質な食材とのマリアージュにうっとりするはず。ここでしか買えない菓子も多く、ギフトにも最適だ。

ショッピング

香の歴史と今を学ぶ。

icon-location-pin 荻窪

香十 荻窪

織田信長が天下をとった同時代に生まれ、440年の歴史をもつ御所御用の香司、香十。人ひとりがやっと通れるようなこじんまりとした店内に、線香や香り袋、お香立てなどの香りにまつわる雅な小物が並ぶ。伽羅(きゃら)、白檀(びゃくだん)などの伝統的な香木はもちろん、ローズやジャスミンなど、なじみのあるフラワー系を使った現代的なお香も。香道を体験できる講座など、飛鳥時代から継承される日本の香り文化に触れられるイベントも定期的に開催されている。

Advertising
レストラン

昭和遺産を懐かしむ。

icon-location-pin 荻窪

鳥もと 本店

昭和27年から続く、荻窪を代表する元祖焼き鳥屋。かつては、警察や消防関係者の夜勤明けのために10時から営業していた。今でも昼過ぎには開店し、多くの人で賑わっている。荻窪駅の目の前にあった時代から変わらない昔ながらの焼き鳥屋だが、実は、ここでしか味わえない北海道の旬の味覚もずらり。元トラック野郎だった大将が、地元北海道の各漁港のネットワークを駆使し、ほっけの刺身や鮭児(けいじ)が直送されるのだ。冬のおすすめは、東京ではおそらくここだけのししゃも鍋。締めのおじやも美味だ。

ショッピング, 書店

読書の家に招かれる。

icon-location-pin 荻窪

タイトル

古民家をリフォームしたまったく新しい、けれど懐かしいブックストア。1階にはカフェが併設され、2階はいつも展示が開催されるギャラリーとなっている。雑誌や文庫も並ぶいわゆる街の本屋だが、「人が〈よりよく〉生きていくためのこと=生活」をテーマに、衣食住はもちろん、文学や哲学、アート、社会、絵本など、様々なジャンルからセレクトされている。本の目利きである店主の家に招かれるような感覚で訪れてみては。

Advertising
レストラン

本場のガレットはコースで味わう。

icon-location-pin 荻窪

コム デ ジュルノー

前菜やスープを組み合わせ、コース料理としても味わえるガレット&クレープ専門店。ランチは、ガレットにオードブルかスープが付いて970円。ガレットは、『オイルサーディンと焼きナスのサラダ グリュイエール』など、4種類から選べるのも嬉しい。オードブルは、肉か魚介のどちらかを選択可能で、肉のほうは、『田舎風パテ』『鶏むね肉のくんせい』『鶏レバーのムース』の3種盛りなどを用意。いずれも、ワインが飲みたくなる本格的な味わいである。ランチタイム以降の18時〜21時もこのセットはオーダーできて、コストパフォーマンス抜群。

スポーツ

選手相手にスマッシュを決める。

icon-location-pin 荻窪

クニヒロ卓球

全国大会で活躍するコーチ陣が指導する卓球道場。卓球台の貸し切り料金含め、誰でも1時間5,000円〜個人レッスンを受けられる。そのほか、2,000円前後のレッスン料で、コーチ5、6人が指導するセミプライベート感覚のクラスも。ユニークなのは、生徒同士で打ち合うことはなく、必ずコーチが対峙するということ。そのため、まったくの初心者から全国大会で挑む選手まで、どんなレベルでも気兼ねなく練習でき、コーチの巧みなリードで爽快なスマッシュを決めるのも夢じゃない。

Advertising
レストラン

薬膳バックテーで体を整える。

icon-location-pin 荻窪

馬来風光美食

レシピ本も出版し、カルディなどでオリジナルのレトルトカレーも販売しているマレーシア料理の達人、エレンの店。ほぼ全員がオーダーするという『肉骨茶(バックテー)』(900円)は、豚肉を煮込んだ薬膳スープが身体にしみる。マレーシア直送のスパイスを使用した中華系マレーシア料理は、本場そのものの味。金目鯛の頭をまるごと煮込んだ『フィッシュヘッドカレー』や『火鍋スチームボード』(冬限定メニュー/要予約)など、心も体も元気になれる家庭料理を味わおう。

ヘルス&ビューティー, スパ

風呂巡りは駅チカでする。

icon-location-pin 荻窪

武蔵野温泉 なごみの湯

荻窪駅西口から1分のなごみの湯は、天然温泉や炭酸泉湯などの様々な風呂を巡れるスーパー銭湯。低温のミストサウナやロッキーサウナなども入場料1,800円(25時以降は、追加料金あり)で利用できる。漫画コーナーやテレビ付きのリクライニングシートなど、休憩処も充実しており、長時間ゆったり過ごせるのも嬉しい。朝5時から9時までの朝風呂なら、1,250円で入浴可能。また、平日であれば、5階の岩盤浴ヒーリングスパのフロアを時間制限なしで利用可能だ。

Advertising
レストラン, カフェ・喫茶店

漫画アートを鑑賞する。

icon-location-pin 荻窪

イナズマ カフェ

人気漫画家たちによる壁面アートが楽しめる、スタイリッシュな一軒家カフェ。『ドラえもん』の作画で知られるむぎわらしんたろう、『GTO』の藤沢とおる、『マスターキートン』の浦沢直樹、『ストップひばりくん』の江口寿史など、そうそうたる顔ぶれの原画を間近で鑑賞できる。イベントやプライベートで漫画家が集まった時に盛り上がって描いてくれることが多く、作品数はどんどん増えているそう。愛犬とともにお茶ができるドッグフレンドリー席もある。

スポーツ, クライミング

チャンプを目指して昇りつめる。

icon-location-pin 荻窪

B-PUMP 荻窪店

2007年にオープンした、クライミングブームの先駆者的ボルダリングジム。2016年に現在の場所に移転し、さらに高く、規模の大きいジムへ進化した。世界チャンピオンがトレーニングに訪れたり、女性クライマーの頂点を決める大会『Rock Queens 2018』の会場になるなど、今では、クライマーの聖地としても知られている。『体験クライミング』(4,000円)というコースもあるほか、専用シューズやチョークバッグのレンタルもあるので、動きやすいスタイルで来れば、まったくの初心者でもすぐにチャレンジできる。

Advertising
レストラン

ヘルシーなつまみで立ち飲みする。

icon-location-pin 荻窪

よるべ

荻窪駅北口から徒歩1分のよるべは、いつも賑わっている立ち飲み屋。席を設けたら7人分くらいにしかならないスペースに20人近く集まり、ぎゅうぎゅうに肩を寄せ合って飲むこともあるほどだ。常連も新顔も、老いも若きも(ときには、80歳代の素敵なマダムがいることも…...!)、溶けあうこの距離感が心地良い。つまみは、煎り豆やひじき、蒸し牡蛎(かき)などのヘルシーメニューばかり。内装は、すべて元デザイナーのオーナーシェフが時間をかけて手造りしたものだ。家に招かれたような温かい空間で、健康的な手料理を味わおう。

ショッピング

世界中のスパイスを体感する。

icon-location-pin 荻窪

東京スパイスミュージアム

店頭には、生コショウやカレーリーフ、ハラペーニョ、ハバネロなどのフレッシュハーブが並び、雑貨店のように洒落た店内には、スパイスがずらり。実はこの店、昼はファーマーズマーケットなどで40年以上スパイスの魅力を広めていた東京スパイスハウスの荻窪店として、18時以降は、スパイスの酒とつまみを楽しめる東京スパイスバーとして営業する二毛作ショップなのだ。スパイスの奥深さを体感して学べる、まさに博物館のような場所である。

Advertising
レストラン

昭和空間で焼き鳥三昧する。

icon-location-pin 荻窪

遊佐

焼き鳥屋というよりも、レトロ喫茶のような心和む空間。昔懐かしい振り子時計やランプなどにセンスを感じる。炭火で焼かれる焼き鳥は、ほとんどが150円。ワサビ、梅しそなどのささみは各190円だ。各種サワーや焼酎、日本酒などのドリンクもほぼ380円とリーズナブル。『ささみ人参サラダ』や『赤かぶの甘酢漬け』など、野菜メニューが豊富なのも嬉しい。特筆すべきは、マッシュポテトとあわせた本格的な『キーマカレー』(480円)。カルダモン風味の自家製スパイス酒とともに味わってほしい。

レストラン

唯一無二のラーメンを喰らう。

icon-location-pin 荻窪

手もみラーメン 十八番

春木屋、丸福など有名店ひしめく荻窪ラーメンの中でも根強いファンの多い、1966年創業の老舗店。なかでも、もともとまかないだったという『特製18番ラーメン』(850円)は、ここでしか食べられない独特の味と評判だ。すっきりとした醤油ラーメンに、たっぷりの刻みニンニクで炒めた豚バラとネギをトッピングした、パンチの効いた一杯。ぜひ『半餃子』(300円)とセットで味わおう。25時30分までオープンしているので、締めのラーメンを求めての行列が深夜まで絶えない。

南口にも行ってみよう...

Things to do

荻窪、ご近所ガイド(南口編)

大正から昭和初期には「西の鎌倉、東の荻窪」と呼ばれ、都内近郊の別荘地として人気があった荻窪。近衛文麿元首相が別邸、荻外荘を構えたり、井伏鱒二や与謝野晶子など、多くの文化人が住んでいた。閑静な住宅地のイメージが強い南口だが、個性的な店舗が点在し、実は知る人ぞ知るグルメスポット。歴史と文化の街を散策して楽しもう。

Advertising