注意! 最新情報の掲載に努めているが、通常とは営業時間などが異なる場合もあるため、外出前に必ず確認してほしい。

新大久保UGO
新大久保UGO

価値観の違いを楽しむ。ー3月21日は国際人種差別撤廃デー

今日しかできないこと:3月21日(日)

作成者: Time Out Tokyo Editors
Advertising

価値観の違いを楽しむ。ー3月21日は国際人種差別撤廃デー

1960年3月21日、人類が忘れてはならない凄惨(せいさん)な事件が起こった。南アフリカのシャープビルで、アパルトヘイトに反対する平和的な講義に参加していた69人が殺害されたのだ。1966年の国連総会で、3月21日は人種差別撤廃のための記念日に制定された。今日は、異なる文化や価値観に触れる一日にしよう。

2020年10月に新大久保にオープンしたばかりのアートスペースUGO(ウゴウ)は、規律やルールに縛られない集団を指す「烏合の衆」に由来する。入り口でバープロジェクト『ダイナソウ』を稼働しており、インスタレーションでもある空間でドリンクを楽しみながら、制作の様子やUGOのユニークなメンバーと交流できる。

新宿にあるインフォショップ、イレギュラー リズム アサイラムも稀有(けう)なスポット。アナキズムとDIYをメインテーマに、社会運動や対抗文化に関する書籍やZINEのほか、CDやレコード、カセットテープ、Tシャツなどのグッズを取り扱っている。

食を通して異文化を知るなら……

Photo: Ppy2010ha/Dreamstime
Photo: Ppy2010ha/Dreamstime

東京、異国情緒あふれるレストラン10選

レストラン グローバル料理

食べ物は、どこか別の場所に自分を連れ出してくれる最も身近な方法の一つ。故郷や海外旅行が恋しくなったとき、東京のレストランでの食事は、人々の味覚のパスポートになる。

食の思い出は五感で感じるもの。今回は料理だけでなく、店のデザインや雰囲気にもこだわって選んだ。メキシコのトルティーヤやオーストラリアのフラットホワイト、タイのカレーやシンガポールのチリクラブなど、都内でお気に入りのソウルフードが食べられる店を紹介する。

ル マグレブ シャンデリア
Photo: Kisa Toyoshima

モロッコ人が通う、東京のハラルレストラン7選

レストラン

 

近年、東京でも浸透しつつある「ハラル」という概念。ハラル認証マークをレストランや食品に付いているのを見かけたことがある人もいるだろう。

「豚肉は食べない」「アルコールは厳禁」など、決まりがあるのをなんとなく知っているという人もいるかもしれないが、そもそもハラルとは、イスラムの教えで「許されている」という意味のアラビア語。神に許されているのか、禁じられているのかを示す考え方で、コーランをはじめとしたイスラムの教典において、食にまつわる事項以外にも細かく決められている。

ここでは、タイムアウト東京で働く、モロッコ人スタッフのジネブ行きつけの店とそれぞれのおすすめメニューを聞いてみた。ハラルフレンドリーな中華料理店や本格モロッコ料理、風変わりな店主がいる店まで幅広く紹介する。どれも本格的で旅をしているかのような気分も味わえるだろう。

タイムアウト東京が注目する新着イベント

チームラボリコネクト:アートとサウナ
チームラボリコネクト:アートとサウナ

チームラボリコネクト:アートとサウナ 六本木

Things to do チームラボリコネクト, 六本木

チームラボが、サウナとアートをコラボレーションさせた新感覚の展覧会を、6カ月間限定で開催する。サウナで汗をかき、冷水シャワーを浴びて「ととのった」後、アート浴で休憩をするというコース。

空中で光る球体が浮遊や落下を繰り返す『空中浮揚』、鑑賞する人の動きに合わせて季節の花が変化する映像作品『降り注ぐ雨の中で増殖する無量の生命』、天井から降り注ぐ水が体に触れた時に、反射する光が空間全体に広がる『生命は結晶化した儚い光』の三つのアート空間が登場する。

これまで体験したことないような、非日常空間に浸れるだろう。

おすすめ

    関連情報

      Advertising