新大久保UGO

アート 新大久保
新大久保UGO
1/4
Photo: Kisa Toyoshima
新大久保UGO
2/4
Photo: Kisa Toyoshima
新大久保UGO
3/4
バープロジェクト『ダイナソウ』(Photo: Kisa Toyoshima)
新大久保UGO
4/4
Photo: Kisa Toyoshima

タイムアウトレビュー

新大久保駅近くにオープンしたアートスペースのUGO(ウゴウ)。ギャラリー、オープンアトリエ、コミュニティーセンターとしての場所も兼ねている。

2020年10月には、バングラデシュ料理やシャンパンタワー、ファッション雑誌『VOGUE』モデルのポーズから呼ばれるヴォーギングダンスなど大盛況のオープニングパーティーが行われ、その後も定期的に展示やイベントを開催した。

2021年にはサポーターの募集を開始。月額1,000円で入会できる『Friendプラン』では、UGO公式Instagramでは載せていないこぼれ話や裏話、メンバーのおすすめコンテンツをのぞく裏アカウントの相互フォローや、非公開イベントの招待などの楽しい特典が付く。ほかには『vibesプラン』『familyプラン』があり、ドローイングなどのリターンもある。

金〜日曜には、入り口でバープロジェクト『ダイナソウ』を稼働中。インスタレーションでもある空間でドリンクを楽しもう。

※現在稼働時間を短縮中、16〜19時まで

関連記事新大久保の新たなアートスペース、UGOが示す道とは

掲載日

詳細

住所 東京都新宿区大久保2-32-6 第2北京荘 1階
Tokyo

アクセス JR山手線『新大久保』駅 徒歩3分
問い合わせ
営業時間 19時00分~22時00分(土・日曜は12時〜22時)/定休日は月・火曜
関連情報