post
post

週末、恵比寿でアート散歩を楽しむ5のこと

恵比寿駅周辺で行きたいアートな場所

編集:
Time Out Tokyo Editors
広告

タイムアウト東京 > THINGS TO DO > 週末、恵比寿でアート散歩を楽しむ5のこと

恵比寿はおしゃれで華やかな店が立ち並び、洗礼された大人の街という印象が強いが、その一方で美術館やアートショップ、ギャラリーなどが多く点在するアートなエリアでもある。ここではお勧めのアートスポットと、観覧後の余韻を楽しむのにぴったりなカフェやバーも併せて紹介する。より一層、アートな雰囲気を楽しめるだろう。

  • ショッピング
  • 恵比寿

ナディッフ アパート

国内外の現代美術の本やグッズを中心に販売するショップ。現代アートにより深く触れることができる店を目指し、充実したラインアップだ。

現在、⼤⼭エンリコイサム個展『Paint Blister』が開催中。ビルのガラス壁面にカッティングシートを使った6メートルを超える新作が展示される(会期は2022年3月21日(月)まで、木〜日曜、祝日限定で実施)。

広告
  • ショッピング
  • 書店
  • 恵比寿

ポスト

新刊のほか、日本で紹介されていない洋書や古書を扱うブックショップ。出版社というくくりで本が紹介されているので、出版社の世界観も楽しめるスペースになっている。

  • レストラン
  • コーヒーショップ・喫茶店
  • 恵比寿

ジャナイ コーヒー

恵比寿駅から徒歩5分ほどの場所にある小さなコーヒースタンド。しかし本当の正体は、隠された謎を解かないと入れないという不思議なバーなのだ。禁酒法時代のアメリカで「酒をひそかに楽しむ場所」として生まれたスピークイージーの文化に影響を受け、コーヒースタンドとバーという2つの顔を持つ店として開業した。

バー初心者でも気軽に楽しめるように、内装はゆったりとした空間を演出。カウンターだけでなく、広めのソファーなどさまざまな席が用意されているのがうれしい。

入店する方法は謎を解くのみ。公式ウェブサイトにヒントがあるかもしれない。

広告
恵比寿で汗を流す。
  • ホテル
  • 恵比寿

ドシー 恵比寿

観光客向けの宿泊施設を手がけるナインアワーズによる、サウナと睡眠に特化した新業態ドシー(℃)。1号店の恵比寿店は、ホテルシエスタの跡地をリユースし、ナインアワーズらしいミニマルなデザインに仕上がっている。料金は、宿泊が4,900円からで、仮眠1,500円(1時間)、サウナのみ1,000円(1時間)と、さまざまな利用方法が可能だ。

サウナルームは、低めの天井に仕上げて心地よい熱の循環が考慮されている。サウナストーンにミント水をかけ蒸気を発生させる「セルフロウリュ」ができる点は、サウナファンにとって魅力的だろう。

サウナは男女別に用意されており、予約は不要だ。

よりアートな空間に浸るには......

  • アート
  • 公共のアート

無数の美術館やギャラリーが存在し、常に多様な展覧会が開かれている東京。海外の芸術愛好家にとってもアジアトップクラスの目的地だ。しかし、貴重な展示会や美術館は料金がかさんでしまうのも事実。

そんなときは、東京の街を散策してみよう。著名な芸術家による傑作が、野外の至る所で鑑賞できる。特におすすめのスポットを紹介していく。

  • アート

東京には、アートギャラリーや展示スペースが併設するカフェがいくつかある。作品を鑑賞することはもちろん、落ち着いた空間でほっとひと息つけるのも、アートとカフェが融合するスポットならではの楽しみ方だ。展示作家が在廊しているときには、アーティストと一緒にティータイムを過ごしながら、作品について話を聞くこともできるだろう。

ここでは、都内にあるアートが楽しめるカフェをピックアップした。オリジナルのカフェメニューを提供する店や、アンティークな空間が特徴の店など、どこも個性豊か。「おしゃ活」としてもぴったりのアートに囲まれた空間で、優雅なひとときを過ごそう。

おすすめ
    関連情報
      広告