国営昭和記念公園
国営昭和記念公園

東京、秋の紅葉イベント

甲州街道や風情漂う庭園など、都内各所で眺める秋

作成者: Time Out Tokyo Editors
Advertising

タイムアウト東京  Things To Do > 東京、秋の紅葉イベント

11月からだんだんと見頃を迎える紅葉。美しく色づいた木々を眺めるのも、秋の楽しみの一つだ。ここでは、都内で開催される紅葉イベントを紹介する。イチョウ並木の散策から夜のライトアップイベントまで、紅葉の楽しみ方もさまざま。仕事帰りや週末に、今の季節ならではの紅葉を見に出かけよう。

八王子いちょう祭り
八王子いちょう祭り

八王子いちょう祭り

Things to do 陵南いちょう会館, 八王子

黄金に染まる甲州街道の約4キロにわたるいちょう並木で開催される祭り。41回目となる今年は感染症予防のため、例年通りのイベントは行われないが、初の試みとしていちょう並木を歩いて楽しむ『むーちゃんスタンプラリー』が実施される。インターネット通信とGPS(全地球測位システム)情報を使ったモバイルスタンプラリーで、集めたスタンプの数によって、記念品をゲットすることが可能。

会場は、甲州街道いちょう並木(国道20号)追分町交差点~小仏関跡ほか、15カ所のむーちゃんゲート、番外編9カ所。イベント会場が日本遺産の認定地域に含まれていることから、日本遺産の紹介も。なお、景品の受け取り会場は公式ウェブサイトから確認してほしい。スタンプラリー専用サイトは後日発表される。

 

大田黒公園 紅葉ライトアップ

Things to do 大田黒公園, 荻窪

赤や黄に染まる木々のライトアップを楽しめるイベントが、荻窪にある大田黒公園で開催。期間中は特別に夜間の開園時間を延長し、入り口から続くイチョウ並木や園内のモミジが闇夜に照らされる。

また、2020年11月29日(日)は芝生の上で紅葉コンサートを2回にわたって実施。雨天の場合は12月6日(日)に延期される。美しくあでやかな夜の回遊式日本庭園で、みやびな時間を過ごしてみては。

Advertising
国営昭和記念公園
国営昭和記念公園

黄葉紅葉まつり&秋の夜散歩

Things to do 国営昭和記念公園, 立川

赤や黄に色づいた木立が楽しめる紅葉イベントが、国営昭和記念公園で開催。イチョウのじゅうたんの上を歩ける見事な106本のイチョウ並木のほか、『秋の夜散歩』では日本庭園のカエデや、トンネル状に続く「かたらいのイチョウ並木」の幻想的なライトアップが楽しめる。

夜間の日本庭園は別途料金が必要だが、2020年11月3日(火・祝)~6日(金)は公園入園料のみで入場が可能。昨年よりさらにグレードアップしたライティングで秋を堪能しよう。

東京都庭園美術館 庭園
東京都庭園美術館 庭園

東京都庭園美術館 秋の夜間開館

Things to do 東京都庭園美術館, 白金台

白金台にある東京都庭園美術館は、紅葉の見頃に合わせ、開館時間を20時まで延長する夜間開館を今年も実施。日没から閉館までの間、都内有数の見事な庭園のライトアップが楽しめる。

アールデコ様式の美しい本館と紅葉の調和はさることながら、情緒あふれる日本庭園の中にたたずむ茶室の周辺がモミジで真っ赤に染め上げられる様子は一見の価値がある。昼間は太陽の光で、夜はライトアップで、二度紅葉を味わうのもいいかもしれない。

Advertising
ホテル椿山荘東京
Photo: Rico.Okaniwa

東京雲海&千の光のライトアップ

Things to do ホテル椿山荘東京, 目白台

春や秋、山間部で早朝にしか見られない絶景「雲海」が、都心の庭園に出現する。文京区にあるホテル椿山荘東京が、霧に包まれた幻想的な情景を楽しむ『東京雲海』と、夜ならではの庭園の魅力を楽しむライトアップを通年で開催するのだ。

ライトアップは12年振りにリニューアルされたもので、1000灯ものLEDが色づいた木々を美しく照らし出すほか、施設に点在する史跡や滝もライトアップし、特別な庭園散策を演出。雲海と光の非日常的な空間でチルアウトしよう。

なお、『東京雲海』は日に数回出現予定(スケジュールの詳細はこちら)。宿泊者とレストラン利用者のみ見学可能(無料)なので注意してほしい。

紅葉の古建築公開
Photo: Sankeien Garden

紅葉の古建築公開

Things to do 三溪園, 横浜

横浜の名勝、三溪園で開催される紅葉を楽しむイベント。広大な庭園内に複数の重要文化財建造物を持つ同園では、イチョウとカエデが織りなす色鮮やかな風景のなか、さまざまな古建築を楽しむことができる。

今年は、徳川家光が建てたと伝えられる聴秋閣と、九つの窓がリズミカルに配置されているのが特徴の春草廬(しゅんそうろ)の2棟が公開。期間中には、聴秋閣奥に広がる紅葉の遊歩道も解放されるので、併せて足を運んでみてほしい。

Advertising

庭園の紅葉ライトアップ

Things to do 目白庭園, 目白

目白庭園で恒例の紅葉ライトアップが開催。最新照明技術によって幻想的に彩られる伝統的な日本庭園が9日間限定で楽しめる。木々や池のほとりにある石塔が水面に映し出される姿は実に見事だ。期間中は、薩摩琵琶や落語、音楽イベントなども実施される。

感染症対策のため、今年は飲食ブースの出店がないほか、入場制限を設け、当日17時から整理券が配布される。なお、自転車での来園は不可。感染に気を付けつつ、晩秋の夜の景観に癒やされてほしい。

紅葉の名所に訪れるなら...…

Lake Towada, Aomori
Photo: Ken Cheung/Unsplash

秋に旅すべき美しい紅葉スポット8選

トラベル

日本の秋は旅行をするのに良い季節の一つだ。日本では紅葉が人気があり、緑の葉がいつ黄や金や赤といった美しい色合いに変わるのか、ということを毎年予測する紅葉情報さえ存在する。

ありがたいことに、国内でも場所によって気温が違うため、この季節の風物詩を楽しむためには十分な時間がある。つまり9月末から12月まで、いつでも紅葉を眺められるということだ。ここでは、タイムアウト東京英語チームが選んだ、京都の寺院から北海道の山々など、この秋訪れてほしいスポットを紹介する。

原文はこちら

Kyoto in autumn
Photo: Calin Stan/Unsplash

2020年の紅葉の見頃は? 東京は12月まで

ニュース シティライフ

日本の夏は例年ならば炎熱だが、今年は長引く梅雨で夏が短く感じられた。新型コロナウイルスの影響で祭りが中止になったことに加え、今年は日本の夏を実感できなかったという人も多いのではないだろうか。しかし、ハイキングやキャンプ、そして紅葉狩りなど、アウトドアアクティビティが快適にできる秋が到来した。ここでは各地の紅葉情報を紹介しよう。

北海道の山間部では、2020年9月末から東京では12月にかけて、オレンジ、朱、黄色に色づく紅葉が桜の季節と同じように見頃を迎える。昨年の猛暑は10月まで続いていたため数日遅れての開花となったが、ウェザーニューズによると今年は、大雨や8月の熱波の影響はないという。 

Inokashira Park in Kichijoji Photo: Makoto Honda/Dreamstime
Inokashira Park in Kichijoji Photo: Makoto Honda/Dreamstime

 

都心よりも早く紅葉が始まる高尾山では11月17日(火)が見頃のピーク。旅行を計画している人は、10月上旬に北海道、10月25日(日)頃に日光、11月21日(土)頃に京都の嵐山を訪れるといいだろう。

黄色のイチョウで有名な明治神宮外苑(外苑前駅と青山一丁目駅の間)は11月26日(木)頃、立川の昭和記念公園が11月11日(水)頃に色づく。大阪城では、11月15日(日)だ。

もちろん、気温の変化で影響が出ることもあるので注意してほしい。天気をコントロールすることはできないが、11月と12月は紅葉を楽しみに旅の予定を検討するのもいいだろう。

関連記事

感動的なロケーションの宿泊施設8選

秘密にしたい軽井沢の穴場スポット

日本各地のグランピング施設15選

3600個のバルーンが浮かぶ、ムーミンバレーパークが秋仕様に変身

Go To トラベルキャンペーン について知っておくべき情報

 

 

 

おすすめ

    関連情報

      Advertising