神楽坂で味わう贅沢ディナー5選

老舗フレンチに鉄板焼き、洋のエッセンスも取り入れた懐石料理など
作成者: Time Out Tokyo Editors |
Advertising

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ >神楽坂で味わう贅沢ディナー5選

in collaboration with Pocket Concierge 

神楽坂の歴史は古く、14世紀に旧上野国の豪族であった大胡氏が、現在の光照寺のあたりに牛込城を築いたのが始まりとされている。また、明治時代には花街として更なる発展を遂げ、今でも運が良ければ座敷に向かう芸者の姿を目にすることもできる風情ある街だ。さらに、la kaguや、かもめブックスなどといった注目店もこの地に店を構えており、新旧の良い文化が調和しているのも特徴といえよう。ここでは、ハイクオリティのレストランのみと提携し、ワンランク上のレストラン予約サービスを行っている『ポケットコンシェルジュ』とコラボレーションして、神楽坂エリアで味わうことのできる贅沢なディナーを紹介する。様々なレストランが隠れ家のように路地裏に店を構えており、グルメの街としても知られている神楽坂。ここでも、和と洋が混じり合った懐石料理や目でも楽しめるフレンチなど、様々なジャンルの店を紹介しているので、ぜひ神楽坂で贅沢な夜を過ごしてみてほしい。なお、予約も「今すぐ予約」ボタンから簡単にすることが可能だ。

レストラン

神楽坂ヴェーリ

icon-location-pin 神楽坂

神楽坂駅から徒歩2分ほどの裏路地にあるイタリアン。ガラス張りの外観が目を引く一軒家だ。インターフォンを押して入るプライベート感の高い店で、階段を上がった2階が客席となっている。料理は、郷土料理をベースに、旬の食材をふんだんに使用したものを提供している。メイン料理で使用されている中勢以の熟成肉は、高温で一気に焼き上げていないためぎゅっと詰まった旨みを堪能できる素材だ。また、ワインはイタリア産のオールドヴィンテージを含む500種類以上が用意されているので、ぜひ料理と一緒に楽しんでほしい。

レストラン

來経

icon-location-pin 市ヶ谷

神楽坂の路地裏、飯田橋駅から徒歩5分程度のところにある懐石料理店。料理長は、日本での修行後にニューヨークの数々の和食店でも腕を磨いてきており、『お任せコース』では和のメニューを基本としながらも洋風の素材やソースを組み合わせた料理を楽しむことができる。また、アルコールも日本酒や焼酎からシャンパンまで様々な種類が取り揃えられているので、和と洋が混じり合った懐石料理をぜひ楽しんでほしい。

Advertising
レストラン

神楽坂 鉄板焼 中むら

icon-location-pin 飯田橋

飯田橋駅近くに店を構える鉄板焼き店。店内には、樹齢230年のアサダの木で作られたカウンターやテーブル、職人の手で作り上げた柔らかなチェアが置かれており、温かみのある雰囲気だ。同店を訪ねたならば、なんといっても味わいたいのがメインの肉料理。九州A5等級黒毛和牛や全国各地のA5等級ブランド牛を、20年以上帝国ホテルで勤めた店主がダイナミックかつ絶妙な火入れで提供する。料理も空間も、大人の寛ぎを味わうことのできる店だ。

レストラン

ラ トゥーエル

icon-location-pin 神楽坂

神楽坂の閑静な住宅街を抜けたヨーロッパ調の細い路地の奥に佇む老舗フレンチ。アンティークな内装と静けさが心を落ち着かせてくれる一軒だ。料理を手がけるのは、「フレンチは素材の複合的な高め合い。風味、触感、香りの緻密な組合せが完成された美味を生む」と語る山本シェフ。彼が腕を振るう皿には、いずれも様々な要素がたっぷりと詰め込まれている。また、ソムリエの勧めるワインとのマリアージュも絶妙なので、足を運んだ際はぜひ楽しんでみてほしい。素材単体では成しえない緻密な皿は、理屈を超えた美味を堪能できるもの。本格派フレンチとの感動的な出会いを、大切な人とぜひ味わってみてはいかがだろう。

Advertising
レストラン

ラ マティエール

icon-location-pin 神楽坂

神楽坂駅近くに店を構えるフレンチ。クラシカルながらもリラックスして寛げる雰囲気のある店だ。メニューは3コースで、プリフィクスとお任せがある。メインは、肉か魚かを選ぶことが可能。なかでも『厚切りスモークサーモンのゴマ付け焼き』は、口に運ぶと一瞬でとろける最高の一品だ。少し緊張してしまいそうな空間だが、ゲストを楽しませてくれるような気遣いに富んだ接客もあるので安心してほしい。味はもちろんのこと、サービスの質、空間、そしてリーズナブルな価格と、すべてが良質なフレンチである。

Advertising