リナストアズ表参道レストラン&デリカテッセン(Photo:Keisuke Tanigawa)
リナストアズ表参道レストラン&デリカテッセン(Photo:Keisuke Tanigawa)

2021年、日本初上陸の名店グルメ7選

本国では有名なレストランやデリカテッセンの日本初進出店を紹介

編集:
Time Out Tokyo Editors
広告

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ > 2021年、日本初上陸の名店グルメ7選

コロナ禍によって海外に行くことが難しくなって久しいが、その間も東京には、続々と海外の有名グルメが進出している。映画『ローマの休日』でおなじみの老舗ジェラテリア、ロンドンでカルト的人気を誇るレストラン&デリカテッセンなど、すでに日本のフーディーの間でも話題だ。

ここでは、2021年に日本初上陸した海外では名の知れた名店を紹介しよう。本格テキサスバーベキューやバーガーを提供するショップや、再上陸ではあるが世界60店舗を展開するパリの名ベーカリーといったテイクアウトにも最適な店舗も網羅している。いずれも見逃せない名店ばかりなので、ぜひチェックしてほしい。

新型コロナウイルス感染症対策の影響で営業時間は変動する可能性があるため、出かける際は公式情報を確認しよう。

  • レストラン
  • 有楽町

※2021年9月17日オープン

1900年にローマで創業し、映画『ローマの休日』でオードリー・ヘプバーンが食していたジェラートとして有名な老舗ジェラートブランド『ジョリッティ(Giolitti)』。20216月に日本1号店として新宿にオープンしたジョリッティ 新宿店では、1週間で3000食以上を売り上げるほど人気を博している。次はなんと、同ブランドでは世界初となるカフェダイニング業態が、有楽町のマルイ内にオープンした。

ここでは大人気のジェラートはもちろん、ジェラートを使ったパフェやマリトッツォ、ティラミスなどイタリアを代表するスイーツのほか、パスタやピンサなどの食事メニューが満喫できる。ローマ観光気分で楽しんでみよう。

なお、9月中はテイクアウトには対応していないので注意してほしい。

  • レストラン
  • デリ・デリカテッセン
  • 吉祥寺

※2021年9月1日オープン

ノースロンドンで大人気の食料品店、メルローズアンドモーガン(Melrose and Morga)の日本初となる直営店が、吉祥寺にグランドオープンした。

同店は、プリムローズヒルとハムステッドビレッジに店を構えるモダン食料品店&キッチン。素材にこだわって手作りしたサラダやデリ、ケーキ、ペストリー、ブラウニー、タルトなどの幅広い商品は多くのファンを魅了して止まない。

吉祥寺店では、本国のレシピを再現したケーキやペストリー、デリなどの人気商品を取りそろえる。食材だけでなく、ロンドン土産として人気のキャンバストートバッグや、日本限定のマグカップといった雑貨も見逃せない。

提供は原則テイクアウトのみだが、小さなカウンター席があり、今後は簡単なフードやコーヒーなどはその場で楽しめるようにしていくそうだ。

広告
  • レストラン
  • 青山

※2021年7月10日オープン(再上陸)

世界で約60店舗を展開するベーカリー、ゴントランシェリエがオープン。同店は、三つ星レストランに勤めていた経験を持つ、ゴントラン・シェリエによるブランドだ。 2012年に一度日本に初上陸し、渋谷などに店舗を構えていたが、2017年には閉店していた。

再上陸1号店となる青山店のコンセプトは「ゴントラン邸」。階段でつながる2フロアを邸宅のように見立て、1階はベーカリーとテイクアウトコーナー、2階はカフェとなっている。

定番商品のクロワッサンをはじめとする約80~100種のパンとパティスリーを店内で焼き提供するほか、ドリンクやライトミール、スイーツなども用意。 日本独自のレシピである『赤味噌セーグル』や『ターメリックと生姜とシリアルの食パン』などのメニューは見逃せない。

  • レストラン
  • 表参道

※2021年7月30日オープン

1944年創業からロンドン、ソーホー地区のフードシーンをけん引する人気イタリアンデリカテッセン兼レストランが、英国外初の旗艦店を表参道にオープンした。

表参道店では、創業から人気のイタリア産の小麦粉と新鮮な卵を使ったフレッシュなパスタを販売。店内のパスタ専用工房で熟練の職人が毎日手作りしたもので、特に、芳醇(ほうじゅん)なトリュフの香りが食欲をそそる『ロンドン人気No.1 フレッシュトリュフとバターを使ったタリオリーニ』はぜひ味わってほしい。

デザートには日本でも人気沸騰中のマリトッツォのほか、シシリア島名物でピスタチオとチョコレートのチップをまぶした『シシリア発祥のカンノーロ』など、ほかの店ではあまり見られない逸品も用意。

レストランと隣接するデリカテッセンでは、生ハム、フレッシュパスタ、ドルチェ、さらにはドライパスタやトートバッグなどをテイクアウトで提供している。オリジナルのオリーブオイルは購入しておきたい一品だ。

広告
  • レストラン
  • 高田馬場

※2021年2月8日オープン

高田馬場駅すぐの雑居ビルにある、四川火鍋しゃぶしゃぶの専門店。中国をはじめ世界7カ国に店舗を展開する火鍋チェーンである。

看板メニューは、『トマト』『養生』『赤辛』スープから選び、薬膳の具材がたっぷり入った『四川火鍋』。追加で具材を注文し、鍋に入れて楽しむシステムになっている。また『麻辣スペアリブ』『鶏爪の四川風煮込み』『揚げ豆腐』など、ボリュームがあるサイドメニューにも注目したい。

コクとうま味が特徴の赤糖を使った『赤糖入りデザート』や、白玉のような『氷団子デザート』『酒醸もち団子』などのデザートは、辛いものを食べた後の締めにもいいだろう。

  • レストラン
  • バーべキュー
  • 目黒

※2021年6月1日グランドオープン

アメリカで500以上の店舗を持ち、80周年を迎えるディッキーズバーベキューピット(Dickey's Barbecue Pit)が、目黒駅前に初上陸を果たした。

看板メニューはワイルドな食感が特徴の前脚付け根部分の『ビーフブリスケット』(肩バラ肉)だ。アメリカから輸入した特製のスモーカーで約半日じっくりと薫製し、さらに半日寝かせた伝統の味わいのバーベキューが楽しめる。イートイン、テイクアウト、デリバリー(Uber Eatsと出前館)と、多様なシーンで注文可能だ。

また、9月20日(月)には代々木店もオープンする。

広告
  • レストラン
  • 恵比寿

※2021年10月14日オープン予定

ニューヨークで創業130年の歴史を持つステーキハウス、ピーター・ルーガー・ステーキハウス(Peter Luger Steak House)が恵比寿に出店。

ピーター・ルーガーは、ドライエイジングビーフ(熟成肉)のステーキを世界に広めたブルックリンの老舗レストランだ。ミシュランガイドをはじめ、一般ゲストの格付けサービス『ザガット・サーベイ』で上位にランクインするなど長年の人気がある。

看板メニューは、フィレとニューヨークストリップ(サーロイン)が付いたTボーンステーキ。ブルックリン本店のようなレンガの外壁と、劇場のようなライブ感のある内装にも注目したい。

そのほか、ニューヨークにはないオリジナルブティックも併設。Tボーンステーキやリブアイステーキ、ハンバーグ用のパティや、ボリューム感のあるアメリカンデザート、肉料理に最適なオリーブオイルや塩コショウなど、ピーター・ルーガーがセレクトしたアイテムを販売する。

コスモポリタンシティ東京を探索する……

コロナ禍であっても世界中のイノベーティブな視点を幅広く取り上げようと、 各国の駐日大使たちにインタビューを実施。 この特集ではトップ外交官の協力のもと、 さまざまな国の持続可能な開発目標(SDGs)への取り組みや穴場の おすすめレストランまで定期的に紹介する。

  • Things to do

新型コロナウイルスの影響で旅行に行きづらい日々が続いているが、落ち込むことはない。東京にはその欲を満足させることができるレストランや、良質な天然温泉などさまざまなスポットがあるからだ。ここでは、世界各地の料理を味わい、故郷を感じるショップやレストランで里帰り気分になり、異空間に旅立てるスポットを紹介する。

広告
  • ショッピング
  • スタイル&ショッピング

2021年6月4日、ブルックリンを代表する古着屋であるフロントジェネラルストア(FRONT GENERAL STORE)の日本初支店、FRONT 11201が代々木上原に開店した。フロントジェネラルストアはニューヨークのダンボ地区に2013年に開業した日本人がオーナーを務めるビンテージショップ。

広告
  • Things to do
  • シティライフ

トルコはカフェ文化発祥の地であり、町中にカフェハネやチャイハネといった喫茶店があふれ、人々の暮らしは喫茶と深く結びついている。

2021年5月1日、荏原町にオープンしたターキッシュ カフェ アンド バー ドアル(Turkish Cafe & Bar Dogal)は、そんなトルコの茶やコーヒー、そして酒を気軽に楽しめるカフェバーだ。

おすすめ
    関連情報
      広告