横丁を歩く:第2回 新宿思い出横丁

店選びに迷う横丁のおすすめ店と味わってほしい一品を紹介
作成者: Mari Hiratsuka |
Advertising

タイムアウト東京 > ナイトライフ> 横丁を歩く:第2回  新宿思い出横丁

歌舞伎町のゴールデン街と並ぶ、新宿を代表する飲屋街。戦争の爪痕残る焼け野原に露天や屋台が集まり、そのうちに戸板1枚で仕切られた小さな店が出来たのが始まりだ。近年は、海外からの観光客が多く訪れるようになった。ここでは、安くて旨いもつ焼き屋や、洒落た隠れ家バーなど、店でオーダーしてほしいメニューとともに紹介する。

レストラン

もつ焼き ウッチャン 新宿思い出横丁

icon-location-pin 新宿

新宿西口駅近くにある、行列のできるモツ焼き屋。芝浦の市場から毎日仕入れる新鮮なもつ焼きや刺身を楽しめる。串焼きは20種以上ある。おすすめは『牛モツ煮込』だ。遅い時間には品切れになるメニューも多いので早めの時間に訪問するといいだろう。 

おすすめ:『牛モツ煮込』(480円)

レストラン, 中華料理

岐阜屋

icon-location-pin 新宿

新宿の思い出横丁にある中華料理店。自家製麺を使用した、どこか懐かしい味のするラーメンはこの店に訪れたら味わってほしい。夜のシメにも最適な店だ。

おすすめ:『ラーメン(並)』(420円)

Advertising
レストラン

つるかめ食堂

icon-location-pin 新宿

歌舞伎町にある1952年創業の老舗定食屋。 メニューは『さんま定食』『豚肉しょうが焼定食』などの定食系や、カレーで煮こんだ大豆を白米にのせた『ソイ丼』、 『バカアホフラメンキン』(スペイン語で、牛肉、ニンニク、揚げ物を指す)なる、謎のメニューまで100種類以上ある。

おすすめ:『ソイ丼』(500円)ご飯抜きの場合は『ソイの頭』と注文しよう

レストラン

朝起

icon-location-pin 新宿

網焼きのトカゲや牛の心臓、生の豚の睾丸など、変わったメニューを尻込みしないで食べることができるなら、チャレンジしてほしい1軒。常連客、そして遠方からの客も多い。

おすすめ:『その日の魚介類や四季料理』(時価)

Advertising
バー

アルバトロス

icon-location-pin 新宿

思い出横丁の中に隠れるようにあるのが、バー アルバトロス(Albatross)だ。建物の2階部分は、ギャラリーで、なじみのアーティストの作品が飾られている。2階での注文は床に開いた穴を通して受け取るのも面白く、夜も更けて感覚が鈍ってくるとかなり危ない。天気がいい日には、屋上に出ることもできる。アルコール類では、焼酎とグレープフルーツを使ったオリジナルカクテル『ショグレ』が、おすすめ。

おすすめ:『ショグレ』(600円)

第1回はこちら……

ナイトライフ

横丁を歩く:第1回 赤羽OK横丁

新旧が混在する赤羽は、昭和の雰囲気が残る商店街や、新しいショッピングセンターなどがあり、生活に便利な街である。今回紹介するOK横丁は、赤羽の一番街を入って左手にある、100メートルほどの路地。名前の由来は「何でも飲み食いできる(OKな)横丁」という説もある。ここでは、20年以上営業する老舗から、2017年12月にオープンしたばかりの新店まで5軒紹介する。店主のおすすめメニューも聞いたので、注文に迷ったら参考にしてほしい。OK横丁周辺には、明店街やシルクロードなどの商店街もあり、こちらも古くからの名店揃い。赤羽は、飲み歩いて楽しもう。

Advertising