Ed Cunningham
Image: World View

気球での宇宙旅行、World View社が24年にサービス開始

約600万円のチケットは予約受付中

Ed Cunningham
テキスト:
Ed Cunningham
翻訳:
Time Out Tokyo Editors
広告

気球がどこまで高く飛べるのか、不思議に思ったことはないだろうか。実は、かなり高いところまで行けるようだ。

World Viewという企業が、気球を使って人々を宇宙の果てまで連れて行こうとしている。大半の人は、宇宙へ行く手段が「気球」だと聞くと、安全上の不安を感じるだろう。しかし同社は、気球でただ安全なだけでなく、贅沢な宇宙の旅が楽しめると主張している。

では、気球での宇宙旅行はどのような仕組みで行われるのだろうか。通常気球というと、底が開いているものを思い浮かべるかもしれないが、World View社が使うのは、ゼロプレッシャー気球。これをヘリウムガスで浮かせ、人を乗せたカプセルを宇宙(大気圏の端である上空3万メートル)へ運ぶ。World View社の「宇宙船」では、世界各地にある専用の「スペースポート」から離陸後、6時間から12時間の宇宙の旅を楽しめる予定だという。

通常の熱気球のゴンドラとは違い、World View社の気球が運ぶカプセルは密閉空間(当たり前だが、上空にはあまり酸素がない)で、内部環境は加圧と気候制御によって維持される。またカプセル自体も乱気流に耐えて、安定するように設計されている。

カプセルはデザインはすでに公開され(以下は、そのCGレンダリング画像)、2022年3月にアメリカのテキサス州オースティンで開催されたSXSWコンベンションでは、プロトタイプの展示も行われた。

World View"
Image: World View
World View"
Image: World View

この気球による宇宙の旅は、ジェット機を使った一般的なものよりも、リラックスして贅沢な時間を過ごせるようにアレンジされている。カプセルにはパイロットとコンシェルジュ、そして最大8人の乗客しか乗らないため、かなり特別な体験が得られるはずだ。1席当たりの運賃は5万ドル(約626万円)と、特別な旅にふさわしいものになっている。

World View"
Image: World View

World View社は、2023年に初の有人テスト飛行を行い、2024年に商業サービスを開始する予定。同社はすでに、気球を使った宇宙への旅の予約を受け付けている。興味がある人は、公式ウェブサイトから確認しよう。

原文はこちら

関連記事

NASAが宇宙空間にいる気分を味わえる音を公開

ヴァージン・ギャラクティック、宇宙旅行チケットの一般販売開始

宇宙人スタッフがアイデアをくれるUFO旅館が小田原でスタート

生解説のある個性派プラネタリウム

地球上で最も天体観測に適した場所は、南極のドームA

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告