Space
Photograph: Shutterstock

NASAが宇宙空間にいる気分を味わえる音を公開

かに星雲、大マゼラン雲が写った3枚の画像を音声ファイルに変換

作成者: Time Out editors
広告

宇宙空間の音を聞きたいと思ったことはないだろうか。アメリカ航空宇宙局(NASA)は、そんな夢をかなえようとしてくれている。NASAは最近、新しい「データソニフィケーション(可聴化)」プログラムによって生成された、宇宙空間の天体に由来するいくつかの音を公開した。

難しい技術的な話は避けるが、NASAは公式声明で「さまざまミッションによって収集された情報を、データソニフィケーションで音に変換している」と述べている。

今回の公開では、研究者がアーカイブから弾丸銀河団、かに星雲、大マゼラン雲が写った3枚の画像を選び、音声ファイルに変換した。例えば、かに星雲についてNASAは、「この星雲は、1054年に初めて地球の空に現れて以来、人々によって研究されてきました。現代の望遠鏡が捉えているのは、超新星爆発が起きた時から高速回転している中性子星です」と解説している。

三つの音は、どれも美しく心を揺さぶるものがある。まさに想像していた「宇宙」のイメージ通りではないだろうか。カオスが起きている地球から遠く離れた銀河系にいる自分を想像しながら、聞くといいかもしれない。

原文はこちら

関連記事

新しい宇宙トイレ、国際宇宙ステーションに向けて出発

NASAが8カ月の隔離生活に耐えられる人材を募集

元パンクロッカーが宇宙空間に花束を送るドキュメンタリー

地球上で最も天体観測に適した場所は、南極のドームA

家から世界を旅できるベストバーチャルツアー10選

最新ニュース

    広告