ラクロでお花見
Photo: ZMP

川沿いの桜並木を自動運転ロボで巡るお花見ツアーが佃に登場

最大4人乗車可能の30分コース、参加者全員茶と団子をサービス

作成者: Genya Aoki
広告

今年の花見をどう楽しもうか悩んでいるならば、最新モビリティで安心、安全な新しい花見様式を体験してみるのはいかがだろう。

歩行速モビリティ、ラクロ(RakuRo)のシェアリングサービスを運営しているZMPは、同サービスの一環で2021年3月19日(金)〜4月8日(木)の期間に花見イベントを開催。2月25日から先着制で予約受付を開始した。

ラクロは時速6キロメートル以下でゆるやかに自動走行する一人乗り車いすロボットだ。本体に設置された複数のセンサーやカメラにより周囲を把握、監視することで目的地まで安心で確実な移動を可能にしている。また、笑顔やウインクなどの豊かな表情と、声によるあいさつなどのコミュニケーションを取りながら走行するのも魅力の一つ。電動車椅子として分類されるため、年齢制限がなく免許不要で、誰でも乗車して公道(歩道)を走行できる最新ロボット。

同イベントは、このラクロを最大4台までペアリングして三つのルートに分かれ、約20分かけて移動する。花見のルートは、隅田川沿いの桜並木がある佃公園、石川島公園、新川公園を通るコースを予定。ペアリングツアー機能は、互いの距離を適切に保ちながら移動するため、利用者はソーシャルディスタンスを保ちながら安心して花見できる。また、乗車中は飲食可能なので花より団子の花見スタイルの人も楽しめるだろう。

専用ウェブサイトとZMP佃の店舗で予約を受け付け中。決済は乗車時に現地で行い、各種クレジットカードや交通系ICカードなどさまざまな支払い方式に対応している。料金は一人1,800円(50歳以上は1,200円)。特典として参加者全員に団子と茶、特製マスクケースが付いている。

『ラクロシェアお花見イベント』の詳細情報はこちら

関連記事

東京、桜スイーツ2021

2021年3月にしかできないこと

週末、イチゴスイーツを味わう5のこと

この春は奥沢散歩へ、本葛専門店くずねるやが開店

3月から5月に行くべきアニメ展示7選

最新ニュース

    広告