Hoshino Resorts Beppu Onsen
Photo: Hoshino Resorts

隈研吾が設計したドラマチックなリゾートが別府にオープン

全70室の客室から別府湾を一望

https://media.timeout.com/images/105799670/image.jpg
テキスト:
Kaila Imada
広告

星野リゾートが手がける温泉旅館ブランド『界』の新施設が、日本一の源泉数を誇る別府温泉に誕生した。界 別府は、大分、鹿児島に続き、同社が九州エリアで開業する3施設目のリゾートだ。コンセプトは「ドラマティック温泉街」。世界的な建築家、隈研吾が設計を担当しており、全70室の客室からは別府湾を一望できる。 

Hoshino Resorts Beppu Onsen
Photo: Hoshino Resorts

客室は、地元の魅力が体感できるようデザインされた「ご当地部屋」仕様。施設内にはちょうちんが照らす石畳の路地や、伝統的な土産店など昔ながらのにぎやかな温泉街をほうふつとさせる空間が広がっている。ロビーとつながったオープンテラスからは、別府湾の絶景を望むことができ、爽やかな海風を感じながら楽しめる足湯や、別府の文化の一つである手湯のエリアも併設。

Hoshino Resorts Beppu Onsen
Photo: Hoshino Resorts

客室のインテリアには大分県で生まれた伝統的な染色技術、豊後絞りが用いられている。ヘッドボードやフットスローなどの生地は、絞り染め作家の安藤弘子が制作したものだ。 

Hoshino Resorts Beppu Onsen
Photo: Hoshino Resorts

眼前には文字通り、絵に描いたようなオーシャンビューが広がっている。窓は「ピクチャーウィンドウ」と呼ばれるデザインになっており、海を絵画のように楽しめるのが特徴。壁や障子、バスルームのガラスには、別府の名所「血の池地獄」から着想を得て、古代色の「柿渋色」を用いた。

Hoshino Resorts Beppu Onsen
Photo: Hoshino Resorts

温泉は客室と同様、心身ともにリラックスができる空間で、四季折々の庭園美が望める露天風呂と内風呂を備えている。内湯には、源泉かけ流しの「あつ湯」と温泉成分を身体に浸透させるための「ぬる湯」の2つの湯船を用意。湯の成分には炭酸水素塩が多く含まれており、肌を柔らかくする効果があるという。周辺には、竹瓦温泉などの有名な温泉施設もあるので、湯めぐりをするのもおすすめだ。 

Hoshino Resorts Beppu Onsen
Photo: Hoshino Resorts

リゾートでの楽しみはまだまだ尽きない。滞在中は、大分県産の食材をふんだんに使った豪華な懐石料理を堪能。地元の名産として知られる「かぼす」を使った麺や、近海で獲れた新鮮な魚介に牛肉と鶏肉を合わせた『豊後鍋』を、半個室のプライベートな空間で味わおう。 

Hoshino Resorts Beppu Onsen
Photo: Hoshino Resorts

宿泊料金は、1泊3万1,000円から。別府温泉のドラマチックな魅力が凝縮された、贅沢なバケーションを楽しんでほしい。

星野リゾート 界 別府の詳細はこちら

関連記事

世界自然遺産の流氷を見渡すサウナが知床にリニューアルオープン

日本で最も美しいホテル&リゾート施設7選

2021年注目の最新ホテル7選

稲毛海浜公園にオープンしたグランピング施設が革新的な6の理由

材木座ビーチを一望、鎌倉の新たなバケーションレンタル施設へ

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

最新ニュース

    広告