『マスクパン』
『マスクパン』

「僕のマスクをお食べよ」、世界初のメロンパン製マスクが登場

6月10日販売開始、人気のベーカリー店メロン ドゥ メロンが協力

作成者: Genya Aoki
広告

悟空のきもち ザ ラボ(THE LABO)は、全国でチェーン展開している焼きたてのメロンパン専門店、メロン ドゥ メロン(Melon de melon)協力のもと、本物のメロンパン製のマスク『マスクパン』を、2021年6月10日(木)に発売する。

悟空のきもち ザ ラボ(THE LABO)は、頭専門のもみほぐし店、悟空のきもちの実験ブランドとして2021年1月に稼働した、斬新な商品を開発するピュア発想企業だ。過去には、12〜21歳の子どもや若者だらけで『園芸用花びら液』などの商品を発売している。

『マスクパン』
『マスクパン』

今回リリースした『マスクパン』は、パンを愛する小森田知里、永野天実、大田勝巳を中心に、福岡と沖縄のパン好きな19、20歳の大学生が「パンの匂いをずっと嗅いでいたい」という夢をかなえるために制作した、世界初の食べられるマスクだ。

直径12センチメートルと標準的なメロンパンよりやや大ぶりで、口元をすっぽりと覆うことができる裏面は「3次元パン立体フィット」を採用。 パン特有の柔らかな構造を生かし、鼻口にフィットするよう特殊製造を施した。 飛沫(ひまつ)の抑制はもちろん、ウイルスの吸引も軽減できる。

メロンパンは微細なパン繊維による高密度繊維を形成している。2021年4月に実施したマスクの第3者試験機関、ユニチカガーメンテック研究所による「飛沫防止性能可視化試験」においては、市販マスクと同等、もしくはそれ以上の結果となった。

『マスクパン』
ユニチカガーメンテック研究所による「飛沫防止性能可視化試験」報告書

2021年5月には、発表に先立ち渋谷と秋葉原にて配布イベントを実施した。用意した200個の『マスクパン』が約10分で終了するなど大反響の受け、スタッフは「メロンパンは人を幸せにする」と自信を深めたそう。

『マスクパン』
配布イベント時の様子

価格は、5個入りで1,800円(マスク用のひもとひも通しも付属)。 公式ウェブサイトで購入できる。現在、購入から手元に届くまで1カ月待ちとなっている。本物のパンを使用しているため、使用期限は解凍後1日なので注意してほしい。メロンパン製マスクを着けて、みんなで笑顔になろう。

『マスクパン』の詳細情報はこちら

関連記事

今が旬、ぜいたくに味わうメロンスイーツ6選

自信作が勢ぞろい、夏を乗り切る快適マスク10選

創業130年の老舗、神田の近江屋洋菓子店がリニューアルオープン

東京、フルーツサンド12選

マクドナルドのレトロなキャラクターが期間限定でパッケージに登場

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告