tokyo
Photo: マックとビン(写真AC)

東京の緊急事態宣言が9月30日まで延長決定

厚労相、順調に減少すれば9月末にも解除水準と明言

テキスト:
Time Out Tokyo Editors
広告

政府は2021年9月9日、現在発令中の緊急事態宣言の延長を発表した。NHKの報道によると、宮城県、岡山県を除く19都道府県で当初の12日(日)から30日(木)とすることを決定した。

延長後の対象は、北海道、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、広島、福岡、沖縄これまで通り、飲食店は20時まで、酒類の提供の終日停止を要請する。

なお、まん延防止等重点措置は福島、石川、香川、熊本、宮崎、鹿児島と、緊急事態宣言から外れた2県を追加してを30日まで延長。富山、山梨、愛媛、高知、佐賀、長崎は12日で解除となる。

また、共同通信によると、9月10日の記者会見で厚生労働大臣の田村憲久は、感染者数の減少傾向が続けば延長対象地域も9月末に解除の水準に達するとの見通しを示している。一方で、行動制限緩和の原案については、一定の方向性を示すことが重要だとした上で、状況が悪化すれば方針転換もあり得ると慎重な姿勢を示した。

関連記事

東京、ワクチン大規模接種会場リスト

渋谷の若者ワクチン接種センターが9月4日接種からオンライン抽選式へ

 『政府が12月にもオンラインのワクチンパスポート発行へ

 ワクチンパスポートについて知るべき5のこと

緊急事態宣言で暗く静まり返った東京を写真で紹介

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告