ワクチン
Photo: Bna Ignacio/Unsplash

政府が12月にもオンラインのワクチンパスポート発行へ

アプリで利用可能、国内の経済活動でも取り入れを検討

https://d32dbz94xv1iru.cloudfront.net/customer_photos/3d733c4f-4115-45d8-90f2-b7f23c2d5403.jpg
テキスト:
Emma Steen
広告

2021年12月、日本でもようやくワクチンパスポートがデジタルで発行されると日本経済新聞が報じた。このパスポートはスマートフォンのアプリで利用でき、海外渡航者を対象としている。

現在は、政府が発行しているワクチン接種済みの証明書とワクチンパスポートは紙のみでの発行。デジタル版は、出入国の利便性向上を図るための国際規格に準拠することが見込まれる。同新聞の報道では、政府は国内旅行や外食、そのほかの経済活動でもアプリでの証明書を取り入れることを検討しているという。

9月3日の時点で、およそ日本の総人口の58%が1回目のワクチンを接種、およそ47.1%は2回とも接種済みだ。道半ばとはいえ、この長期的な目標が1年半に及ぶ旅行規制の雪解けに向けた足がかりとなることを期待したい。

最新ニュース

    広告