渋谷若者ワクチン接種センター
Photo: Time Out Tokyo Editor

渋谷の若者ワクチン接種センターが9月4日接種からオンライン抽選式へ

スマートフォンのLINEで抽選申し込み、9月3日の7時から受付開始

https://d32dbz94xv1iru.cloudfront.net/customer_photos/3d733c4f-4115-45d8-90f2-b7f23c2d5403.jpg
テキスト:
Emma Steen
翻訳:
Time Out Tokyo Editors
広告

※9月2日更新

東京都は、渋谷区にある東京都若者ワクチン接種センターの受付方法を、2021年9月4日(土)の接種から、オンライン抽選式にすると発表した。抽選は、スマートフォン端末のLINE上でのみ実施する。申し込みは3日(金)の7時から受付開始。その後の運用は以下のような形だ。

9月3日 7〜17時、申し込み
9月3日 19時、抽選結果の通知(仮当選)
9月3日 19〜24時、接種時間帯登録(先着順)、氏名の入力を行い本当選決定
9月4日 接種時間に来場。接種券、身分証、LINEの当選結果が分かる端末を確認し、接種に進む

接種希望日の前日に、都度申し込みを行う必要があるので注意しよう。15日まで上記の形で運用する予定となっている。詳細は東京都福祉保健局の公式ウェブサイトで確認してほしい。

同センターは、予約いらずの大規模接種会場として8月27日に開設。初日は接種希望者が早朝から長蛇の列を作ったため、11時50分だった受付時間を大幅に早め、7時30分に定員の200人に急きょ整理券を配って対応した。28日からは指定時間帯の来場者に抽選券を配布する方式に変更したが、接種希望者によって1キロメートル近くの行列ができる事態となり、以降の運営方法が懸念されていたところだった。

なお首相官邸によると9月2日時点で、全国民のおよそ57%が1回目の接種を完了している。

※以下は8月20日作成

政府は2021年11月までの希望者全員へのワクチン接種を目指し、特に若年層に向けた接種の加速を試みている。政府のこの方針を受け東京都は、都内在住、在勤、在学の16〜39歳の人を対象にしたワクチンの大規模接種会場を渋谷区立勤労福祉会館の2階に設置した。

期間は、8月27日〜2021年10月8日(金)で、接種券と身分証があれば事前予約なしで来院できる会場となる。1日200人の接種を予定しており、ワクチンはファイザー社製を使用する。ただし、ワクチンを一度も接種していないことが条件だ。

原文はこちら

関連記事

東京、ワクチン大規模接種会場リスト

緊急事態宣言、9月12日まで延長決定

 『ワクチンパスポートを7月26日から申請受付へ

ワクチンパスポートについて知るべき5のこと

緊急事態宣言で暗く静まり返った東京を写真で紹介

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告