ワクチン
Photo: Tomoharu Photography

ワクチンパスポートを7月26日から申請受付へ

対象は海外渡航者向け、渡航先は今後公表予定

テキスト:
Time Out Tokyo Editors
広告

2021年7月12日、内閣官房長官の加藤勝信は、新型コロナウイルス感染症のワクチンを接種したことを証明するワクチンパスポートについて、7月26日(月)から各市区町村で申請受付を開始すると発表した。

NHKによると、「海外に渡航する際に防疫措置の緩和などを受けることを目的に」「当分の間、日本から一部の国や地域へ渡航する際に発行」し、申請時にはワクチンパスポートの提示を求めるという。具体的な渡航先については、今後外務省の公式ウェブサイトで公表する。

また、TBS Newsの報道では国内での活用について「不当な差別や強制につながってはいけない」とくぎを刺した。

関連記事

今夏目標に日本もワクチンパスポート導入を検討

ワクチンパスポートについて知るべき5のこと

 『ワクチン接種会場を検索、「新型コロナワクチンマップ」機能が提供開始

東京五輪、観客受け入れ条件に陰性証明提出案が浮上

東京、緊急事態宣言を7月12日から再発令決定

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告