A smiling blue insect
Photograph: Axel Bocker / Comedy Wildlife Photo Awards 2021

笑える野生動物写真賞、最優秀作品はどれに?

『Comedy Wildlife Photography Awards 2021』の候補リストが発表

テキスト:
Sophie Dickinson
広告

時に厳しくもある野生動物の世界を捉えたドキュメンタリー写真は、もちろん素晴らしい。しかし、明るい気分になれる気軽な動物写真が好みであれば、くすっと笑ってしまう動物写真を表彰するアワード『Comedy Wildlife Photography Awards』の2021年候補作品を見てみるのはどうだろう。

このアワードは2015年に創設。公募で集められ審査を通過した候補作品の中から、いくつかあるカテゴリー賞や一般の人の投票で決まる『ピープルズチョイス賞』のほか、最優秀作品が選出される。今年の候補も、強引なカワウソの子育てから満面の笑みを浮かべる虫まで、奇妙で素晴らしい自然界の一瞬を切り取り、面白おかしく「解釈」した作品ばかりだ。

The Baboon who feels like a tenor
Photograph: Clemence Guinard / Comedy Wildlife Photo Awards 2021

ハイライトの一つは、クレメンス・ギナードが撮影した歌っているようなヒヒの写真だろう。ギナードによると、このヒヒはあくびをしている最中だったが、毛並みも非常に良く、ステージ上で「オーディエンスを喜ばせ、テノールソロを始める準備ができている」かのように見えたという。確かに魅力的だ。

ピープルズチョイス賞の投票締切は2021年10月12日(火)。最優秀作品を含む各賞は、22日(金)に発表される予定。候補作品の中から、我々のお気に入りをいくつか紹介する。

原文はこちら

強引なカワウソの親

A parent otter holds a cub by the scruff of its neck
Photograph: Chee Kee Teo / Comedy Wildlife Photo Awards 2021


遊び心のあるアヒルの子

A playful duckling looks around a tree trunk
Photograph: Charlie Page/ Comedy Wildlife Photo Awards 2021


けんか腰のプレーリードッグ

A prairie dog and bald eagle battle in snow
Photograph: Arthur Trevino / Comedy Wildlife Photo Awards 2021


当惑したペリカン

A shrugging pelican
Photograph: Dawn Wilson / Comedy Wildlife Photo Awards 2021


感動しているムツゴロウ

Jumping mudskipper fish
Photograph: Chu Han Lin / Comedy Wildlife Photo Awards 2021


秋のキジバト

A pigeon with a leaf on its face
Photograph: John Speirs / Comedy Wildlife Photo Awards 2021


かゆくてたまらないクマの子

A bear cub scratches itself on its parent's back
Photograph: Andy Parkinson / Comedy Wildlife Photo Awards 2021


親切なペンギン

A penguin appears to give another directions with its wing
Photograph: Carol Taylor / Comedy Wildlife Photo Awards 2021

関連記事

人間は檻へ、南アフリカにある逆動物園とは

2020年に世界の動物園で誕生した動物の赤ちゃん10選

東武動物公園駅西口に地域とつながる商業施設がオープン

動物と触れ合えるグランピング5選

マザー牧場にグランピング施設がオープン

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告