Baby otters at Melbourne Zoo
Photograph: Melbourne Zoo

2020年に世界の動物園で誕生した動物の赤ちゃん10選

コロナ禍の癒やしをおさらい

作成者:
Rose Johnstone
広告

幸せホルモンともいわれるオキシトシンを瞬時に分泌させるには、動物の赤ちゃんを見るのが一番かもしれない。2020年は多くの人が、隔離中や気が落ち込んだ時、動物の赤ちゃんのふわふわした足、ふにゃふにゃな顔、小さなとがった耳を見て、癒やされたり、元気をもらっていたはずだ。

そこで、我々からの贈り物として、今年世界中の動物園で誕生した貴重な動物の赤ちゃんをリストにまとめた。スマホの通知をオフにし、深呼吸をして、愛らしい生き物たちを眺めてみよう。 

1. ユキヒョウ(メルボルン動物園)

この投稿をInstagramで見る

Zoos Victoria(@zoosvictoria)がシェアした投稿

メルボルン動物園で生まれたユキヒョウ。3月のロックダウン後は、ライブ配信のスターになった。

2. コツメカワウソ(メルボルン動物園)

Baby otters at Melbourne Zoo
Photograph: Melbourne Zoo

 同じく、メルボルン動物園では、かわいらしいコツメカワウソの赤ちゃんが4匹誕生。マーフィー、ロドニー、グンター、スクイッドという名前が付けられた

3. チーター(コロンバス動物園)

この投稿をInstagramで見る

Smithsonian(@smithsonian)がシェアした投稿

アメリカのコロンバス動物園で、世界で初めて代理出産で誕生したチーターの赤ちゃん。

4. ウンピョウ(マイアミ動物園)

Photograph: Ron Magill/Zoo Miami
Photograph: Ron Magill/Zoo Miami

マイアミで生まれた、信じられないほど珍しい(そして信じられないほど愛すべき)2匹のウンピョウ。彼らは外部からのストレスを避けるために、母親のセライと一緒に2カ月間隔離されていた。どこかシンパシーを覚える......。

5. コガタペンギン(ブロンクス動物園)

baby penguin
Photograph: Courtesy Julie Larsen Maher / Bronx Zoo

ブロンクス動物園で生まれたふわふわのコガタペンギン。彼らの成長はここで見ることができる。

6. シマウマ(ザグレブ動物園)

The Zagreb Zoo's newest member with its mother
© Zagreb ZooThe Zagreb Zoo's newest member with its mother

クロアチアのザグレブ動物園では、シマウマの雌のサビーナと雄のグスタフとの間にかわいらしい子どもが誕生。

7. アリクイ(ナッシュビル動物園) 

この投稿をInstagramで見る

AZA(@zoos_aquariums)がシェアした投稿

アメリカのナッシュビル動物園に誕生した巨大なアリクイ。この子はどうやらぬいぐるみが好きなようだ。人間の方が思わずハグしたくなるほど愛らしい。

8. フタユビナマケモノ(バージニア動物園)

この投稿をInstagramで見る

The Virginia Zoo(@virginiazoo)がシェアした投稿

アメリカのバージニア動物園で生まれた、フタユビナマケモノの赤ちゃん。生まれて数カ月は、母親のハニーにべったり。

 

9. イノシシ(ウィップスネード動物園)

Whipsnade Zoo
Photograph: Whipsnade Zoo

ロンドン近郊のウィップスネード動物園で生まれた、イノシシの赤ちゃん。当時の体重は1キログラムだったが、8カ月後には100キログラムまでに成長した。

10. マントヒヒ(シドニー動物園)

Baby baboon
Photograph: Supplied/Sydney Zoo

シドニー動物園にチャーミングなマントヒヒが3匹誕生。同動物園のマントヒヒは合計で16匹になった。マントヒヒは古代エジプト人によって「神聖なヒヒ」として崇拝されていたそうだ。

原文はこちら

関連記事

動物と触れ合えるグランピング5選

動物と触れ合える観光スポット10選

東京、アニマルスポット11選

イギリスのケント州にキリンホテルがオープン

パブリックキャットシリーズ

最新ニュース

    広告