Photo: TENGAチョコレート
Photo: TENGAチョコレート

ホットなバレンタインに向けてTENGA型チョコレートが販売中

今年は「レトロ感」あふれるパッケージデザインで攻めてみる

テキスト:
Hayashi Hisato
広告

プレジャーグッズで人気のTENGAが、バレンタインの時期はジョークアイテムとして『TENGAチョコレート』を販売していることを知っているだろうか。TENGAそっくりのパッケージに入ったユニークなチョコレートで、2022年のコンセプトは「レトロ感」。どこかノスタルジーを感じるデザインに仕上がっている。

Photo: TENGAチョコレート
Photo: TENGAチョコレート

『イチゴミルク』『コーヒーミルク』など懐かしいフレーバー

チョコレートはどこか懐かしさを感じるフレーバーをチョイス。『イチゴミルク』『コーヒーミルク』『ロイヤルミルク』(各540円)は、チョコレートの風味とミルクの甘さが際立つ豊かな味わいだ。3種類そろった『テンガ チョコレート アソートセット』(1,620円)もあり、いずれも無料でギフトラッピングを注文できる。

Photo: TENGAチョコレート
Photo: TENGAチョコレート

恒例となった『TENGAチョコレートタワー』も300個の数量限定で販売。『タワーS(30本セット)』(1万6,200円)、『タワーM(100本)』(5万円)、『タワーXL(300本)』(15万円)の3種類で、最大140センチメートルの巨大なタワーはサプライズにもぴったりだ。

Photo: TENGAチョコレートタワー
Photo: TENGAチョコレートタワー

公式オンラインショップのほか、待ち合わせスポットとして有名な新宿アルタと原宿アルタには、『TENGAチョコレート』のコンセプトに共感したポップアップストアが登場。ホットなバレンタインを過ごしてみては。

『TENGA チョコレート』の詳細はこちら

関連記事

年賀のギフトに桐箱入りTENGAが発売中

ついに宇宙へ、TENGA初のロケットが発射成功

どこでもシュッ! TENGAがティッシュを取り出せるハットを発売

ミシュランシェフ鳥羽周作がロッテとコラボレーション

原宿の路地裏に「千と千尋の神隠し」をイメージしたポップアップが出現

 東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告