タコス ショップ 池尻
Photo: Keisuke Tanigawa

池尻大橋にタコス専門店がオープン、自由に楽しむ食のニューノーマルへ

吉祥寺で人気のTACOS Shopが2号店を出店

作成者:
Hisato Hayashi
広告

世田谷区と目黒区にまたがる池尻大橋。中目黒や渋谷なども近く人気の町に、吉祥寺の名店TACOS Shopの2号店、TACOS Shop IKEJIRI(タコスショップ 池尻)がオープンした。メキシコの民家をイメージした店内では、豊富なトッピングとこだわりのトルティーヤ、ナチュールワインなども楽しめる。

タコス ショップ 池尻
Photo: Keisuke Tanigawa

ピスタチオグリーンの壁に個性的な階段。ビル一棟が全て店舗のTACOS Shop IKEJIRIは、1階がカウンター、2階がイートイン、3階がキッチンとなっている。

トッピングは自由に好きなだけ

元々イタリアンやフレンチのシェフをしていたという星が作るタコスは、おいしいだけでなくとにかく自由だ。定番の豚肩ロースの蒸し焼き『カルニータス』や、デザートのような『リコッタチーズとパッションフルーツ』まで、10〜15種類のタコスが楽しめる。テイクアウトも6、7種類あり、夜はナチュールワインやビールのお供に具材だけ注文する人も多いという。

タコス ショップ 池尻
Photo: Keisuke Tanigawa

リコッタチーズの塩気とパッションフルーの酸味は控えめで、トルティーヤの甘さもしっかりと感じられる。『カルニータス』は豚肉の香ばしさと、程よいサルサの辛みが癖になりそうだ。

タコス ショップ 池尻
Photo: Keisuke Tanigawa

トルティーヤはブルーコーンとホワイトコーンの2種類。ライムやサルサなど9種類のトッピングは自由に乗せることができるので、飽きがこないのはもちろん、さらなる味わいを求めて手が止まらなくなってしまう。

こだわりのトルティーヤはモーニングでも提供

タコス ショップ 池尻
Photo: Keisuke Tanigawa

朝8時から営業している池尻店では、モーニングもある。トルティーヤをトマトソースで煮たトルティーヤ煮に、目玉焼きをトッピング。サラダにスープ、ヨーグルトも付いた贅沢メニューだ。吉祥寺のandoh coffeeの豆を使用した本格的なコーヒーも楽しめる。

タコス ショップ 池尻
Photo: Keisuke Tanigawa

オーナーの近藤は「トルティーヤは煮ても焼いても揚げてもいいし、おにぎりと同じ感覚で何を乗せてもおいしいんですよ」と、タコスの懐の深さを話してくれた。トルティーヤは事前に仕込んで焼きたてを提供。具材としっかりマッチするように少し蒸らすのがポイントだそう。 

テイクアウトや豊富なオリジナルグッズ

タコス ショップ 池尻
Photo: Keisuke Tanigawa

タコスはテイクアウトもOKだ。パーカーや靴下などのオリジナルグッズも販売している(販売状況はInstagramを要確認)。

この投稿をInstagramで見る

TACOS Shop(@tacosshop_)がシェアした投稿

日本の食材も使用し今までにない新たな組み合わせはもちろんのこと、自然体で楽しめるTACOS Shop IKEJIRI。タコス専門店ならではの、自由でおいしいニューノーマルな食体験が待っている。

TACOS Shop IKEJIRIの詳細はこちら

テキスト:阿部仁美

関連記事

高円寺の人気カフェ、リップの2号店カフェチークが5月にオープン

ジャンクでヘルシーな刺激を求めて渋谷のトゥーフーズに行ってみた

東京、本場の味が楽しめるメキシコ料理店

窪塚洋介も共感、クール×エコなE-BIKE専門店が恵比寿にオープン

東京アーカイブ:第2回 ふくらむちゃん

最新ニュース

    広告