traffic
Photo: PhotoB/Photo ACAn undated stock photo of Osaka

名古屋と大阪が運転に最もストレスを感じる都市にランクイン

Hiiyacarの調査、東京は15位

https://media.timeout.com/images/105799670/image.jpg
テキスト:
Kaila Imada
広告

あらゆる人口過密の大都市には、交通渋滞がつきもの。渋滞した道路と耳を聾(ろう)するほどの騒音の中に身を置けば、日々の車通勤が悩みの種であることがすぐに分かるはずだ。イギリスでカーシェアリング事業を行うHiyacarは、運転がストレスに感じる都市のランキングを調査発表、日本からは2都市がランクインした。

同社のレポートによると、トップ3はムンバイ、パリ、ジャカルタ。日本の都市で運転が最もストレスとなるのは、意外にも名古屋で7位、次いで大阪が10位であった。

この調査では、世界中の人口の多い都市を対象に、各都市の車の数、交通渋滞の深刻さ、道路事情、代替となる公共交通機関の選択肢、年間交通事故件数、人口密度といった要素を勘案して10点満点で総合点を算出。ニューヨークの5.6、クアラルンプールの5.3に続いて名古屋は5.1をマークした一方で、大阪はメキシコシティとタイの4.9で、5.0のロンドンの一つ下に位置する。

幸いにも、東京はトップ10にはノミネートされていない。しかし、そのスコアは4.7で15位、これはシカゴ、バンコク、リオデジャネイロ、バンガロールと同じだ。ちなみにトップのムンバイは7.4で、最も運転にストレスを感じない都市はペルーのリマで2.1を記録した。

原文はこちら

関連記事

アメリカで最もストレスの多い高速道路はマイアミのI-95

道路渋滞のピークとオフピークの差が大きい都市ランキング

アブダビが仕事のために移住したい都市ランキング上位に

アメリカで家族旅行に最も優しい街はニューヨーク

世界で最も生活費が高い都市ランキングが発表

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告