Rush hour traffic
Photograph: Shutterstock

道路渋滞のピークとオフピークの差が大きい都市ランキング

世界ではマルセイユが、アメリカではアイダホ州ボイジーが1位

作成者: Time Out editors
広告

アメリカにおいて通勤時間帯に道路渋滞が悪化する都市というと、ニューヨークやロサンゼルスが挙げられるのが一般的だ。しかし、 車両管理や追跡サービスを提供しているFleet Logging社が行った最新の調査によると、実態は異なるようだ。

同社は世界中、特にアメリカ国内の道路において交通状況がどの程度悪いのかを把握するため、いくつかのデータを分析した。まず特定されたのは、世界で最も渋滞している141の都市。その後、TravelTime APIを使って各都市の中心部から1時間で進める距離を渋滞のピークとオフピークのそれぞれで計算し、その差でランキングを作成した。

レポートは以下のように、興味深いことが分かったと伝えている。「アメリカの都市の中で、街の中心から抜け出すのに最も時間がかかるのは、ハワイのホノルルだった。しかし、それは実は渋滞のピークを外しても到着時間はほとんど変わらず、距離にして0.2マイル(約320メートル)先に進めるだけにとどまった。渋滞のピークとオフピークで進める距離の差が次に小さかったアメリカの都市、シアトルの数値は6.7マイル(約11キロメートル)であり、いかにホノルルが突出しているかが分かるだろう」

全体を見ると、最も通勤時間帯に道路渋滞が悪化するのは、世界ではフランスのマルセイユ、アメリカではアイダホ州ボイジーだった。ランキングは以下の通り。

交通渋滞のピークとオフピークの差が大きい都市:世界(Fleet Logging)
1. マルセイユ(フランス)
2. リヨン(フランス)
3. パリ(フランス)
4. モナコ(モナコ)
5. ボイジー(アメリカ、アイダホ州)
6. ハンブルグ(ドイツ)
7. リスボン(ポルトガル)
8. プラハ(チェコ)
9. フィラデルフィア(アメリカ、ペンシルベニア州)
10. ブダペスト(ハンガリー)

交通渋滞のピークとオフピークの差が大きい都市:アメリカ(Fleet Logging)
1. ボイシー(アイダホ州)
2. フィラデルフィア(ペンシルベニア州)
3. アルバカーキ(ニューメキシコ州)
4. オクラホマシティ(オクラホマ州)
5. ヒューストン(テキサス州)
6. カンザスシティ(ミズーリ州)
7. デンバー(コロラド州)
8. コロンバス(オハイオ州)
9. リトルロック(アーカンソー州)
10. ジャクソン(ミシシッピ州)

原文はこちら

関連記事

車いす目線で考える 第20回 東京の水上交通の利便性とバリアフリー

エアバスの空飛ぶタクシーCityAirbusがドイツで初飛行

アメリカの各州で最も検索されている旅行先

アメリカで独身の人が住むのに向いている州ランキングが発表

アメリカでピザ好きが多い街はやっぱりニューヨーク

最新ニュース

    広告