Airbus flying taxi
Photograph: Airbus helicopters

エアバスの空飛ぶタクシーCityAirbusがドイツで初飛行

空機メーカーがこぞって開発している未来の乗り物とは

Advertising

「eVTOL(イーブイトール)」という言葉を聞いたことがあるだろうか。まだであっても、耳にするのは時間の問題かもしれない。これは、Electric Vertical Take-Off and Landing の略で、電動垂直離着陸機を意味する。現在、世界中の航空機メーカーがこぞって開発している未来の乗り物だ。

2020年7月20日、エアバス社はドイツの政治家やメディアの前で、同社が開発中のeVTOLであるCityAirbusを初飛行させた。開発者たちは、このCityAirbusが主要都市の上空を移動する空飛ぶタクシーのように利用され、新しい「道」を切り開くことになると意気込んでいる

CityAirbusは4人の乗客を運ぶことができ、航続距離は60マイル(約96キロメートル)。時速75マイル(120キロメートル)での飛行が可能。これは、アメリカのカリフォルニア州やニューヨーク州の高速道路の法定最高速度よりもわずかに速い。

従来の車よりも渋滞を回避しながら直接的なルートを通ることが可能なため、都市の中を短い時間で移動できる手段になると期待されている。eVTOLSは、最終的には完全に自律的に飛行するようになると考えられているが、CityAirbusの初期モデルは、遠隔で操縦される。

機体は、二つのモーターとプロペラを備えた四つの推進装置を備え、デザインは未来的。仲間と最高のナイトアウトを楽しむ時、贅沢に街を飛び回るための手段としてぴったりのサイズだ。空飛ぶタクシーとしての商業利用の開始は未定だが、いつかCityAirbusを頭上で見かけるのが普通になるかもしれない。

原文はこちら

関連記事

モスバーガーに分身ミニロボットが登場、遠隔操作で接客が可能に

夢の超音速旅客機、プロトタイプ公開へ

カリフォルニアのホテルでルームサービスロボットが活躍

ファミリーマートで働く遠隔操作ロボットが今夏デビュー

合法化へ前進、イギリスで電動キックボードの利用実験開始

Share the story
最新ニュース
    Advertising