Orihime
Photo: Ory Labratory

モスバーガーに分身ミニロボットが登場、遠隔操作で接客が可能に

モスバーガー大崎店で働くロボット「オリヒメ」に会いに行こう

作成者: Youka Nagase
広告

レストランなどでのソーシャルディスタンシングが心配される中、ロボットを使った接客に注目が集まっている。モスバーガーで働く「オリヒメはレジの後ろで丁寧に注文を受けてくれる、ミニロボットだ。

Orihime
Photo: Ory Labratory

このプロジェクトに携わったのは、分身ロボットの開発を行うオリィ研究所。オリヒメのボディーにはカメラ、マイク、スピーカーが内蔵されており、遠隔操作で人の代わりに動くよう設計されている。物理的に身動きが取れず結婚式などのイベントや授業、仕事などへの参加が不可能なとき、このオリヒメを使用すればバーチャル参加が可能になる。

オリヒメは2020年7月27日から1カ月間、モスバーガー大崎店で店舗スタッフとして活躍中だ。モスバーガーのユニフォームに身を包んだオリヒメから注文が受けられるのは、平日の14時から18時まで。ロボットの遠隔操作にあたるのは、関西に拠点を置く障がい者スタッフ二人だ。

オリィ研究所はこれまでも、障がい者がロボットを使って接客する、分身ロボットカフェなどの運営を企画してきた。社会的ハンディキャップにより外出困難な人たちの分身として、こういったミニロボットたちが活躍してくれることに期待したい。

関連記事

ファミリーマートで働く遠隔操作ロボットが今夏デビュー

ポストコロナにマッチ、フランスのピザ職人ロボット

インタビュー:オリィ研究所・吉藤健太郎

徳川家康がモチーフ、マスク着用の有無を判別するロボットが登場

夢の超音速旅客機、プロトタイプ公開へ

最新ニュース

    広告