FamilyMart
Photo: Kaila Imada

ファミリーマートで働く遠隔操作ロボットが今夏デビュー

2022年までに最大20店舗に導入を予定

作成者:
Kaila Imada
広告

日本のロボット開発技術やその情熱は世界的にも有名だが、コンビニエンスストアで働くロボットに出会える日は近いようだ。この夏、ファミリーマートは全体的な効率化と運営コスト削減を目的に、東京都内の一部の店舗に遠隔操作の「コンビニロボット」を導入すると発表した。ロボットを開発する企業、Telexistenceが設計、店舗の在庫管理などを担う予定だ。

Telexistence robot
Photo: Telexistence/Facebook

一体どのような仕組みになっているのかが気になるところだが、ロボットは完全に自動化されるのではなく、別の場所にいる従業員がVR端末を使い遠隔操作するというもの。このシステムにより、従業員が遠くにいたり、出社できない場合でも画面を見ながら作業が可能になる。うまくいけば、より柔軟で効率の良い働き方ができるようになり、スタッフの数が限られている店舗の人員補充にもなるだろう。

ファミリーマートは今夏から、東京都内の店舗の一部で実証実験を行う予定だ。2022年までに少なくとも20店舗へのロボット導入を目指しているという。近い将来ロボットが、カップラーメンやフライドチキンに並ぶ日本のコンビニの顔になるかもしれない。

関連記事

インタビュー:オリィ研究所・吉藤 健太朗

ポストコロナにマッチ、フランスのピザ職人ロボット

徳川家康がモチーフ、マスク着用の有無を判別するロボットが登場

NASAが月のトイレの斬新なアイデアを募集中

ヘアカット時に便利な顔にくっつくマスクが登場

最新ニュース

    広告