Sky Bridge 721
Photograph: Karel Mondek

チェコに世界一長い歩行者用つり橋が完成

スカイブリッジ721、全長721メートル

Ed Cunningham
テキスト:
Ed Cunningham
翻訳:
Time Out Tokyo Editors
広告

もしあなたが高所恐怖症なら、今が目を離すべき時かもしれない。上の写真に写っているのは、恐ろしい「工学的偉業」といえる世界最長のつり橋、スカイブリッジ721だ。

2022年5月中旬に開通したこの橋の長さは721メートルで、高さは95メートル、そしてなんと幅はわずか1.2メートルだ。高所恐怖症でなくとも、この数字には戦慄(せんりつ)を覚えるだろう。

Sky Bridge 721
Photograph: Karel Mondek

スカイブリッジ721があるのは、チェコ共和国東ボヘミア地方のマウンテンリゾートであるドルニー・モラヴァ。イェセニキー山脈のふもとの渓谷にまたがっていて、スラミェンカ山とクルム山をつないでいる。眼下に見えるのは、ムリンスキー川だ。文字通り、驚くほど美しい自然の中に壮大な建築物が完成したといえる。

この橋が世界一長いつり橋になるまでは、2021年に完成したポルトガルのアロウカ516(全長516メートル)が、このカテゴリーのタイトルホルダーであることを表明。しかし、2020年に開通したネパールのバグルング・パルバト・フットブリッジ(全長567メートル)つり橋が「真の世界一」であるという意見も多かった。いずれにせよ、スカイブリッジ721はどちらの橋よりも圧倒的に長く、「新しい世界一」となった。

恐怖を感じながら渡る以外にも、スカイブリッジ721では『ブリッジ・オブ・タイム』と題した教育的なトレイルツアーも楽しめる。2キロメートル、90分のコースで、1938年から2021年までの地域の歴史を紹介。ゲームや拡張現実体験も用意されている。

ドルニー・モラヴァのマウンテンリゾートは、それ自体も訪れる価値がある場所だ。夏はハイキングコース、マウンテンバイクコース、ジェットコースター、アドベンチャーパークなどで遊べることで有名で、冬はスキーリゾートとして人気。また、スカイブリッジ721の近くには「スカイウォーク」という55メートルのらせん状の通路があり、渓谷を見下ろす驚異的な景色を望める(怖さは若干軽減)。

スカイブリッジ721橋とドルニー・モラヴァについては、このウェブサイトで詳しく見ることができる。

原文はこちら

Sky Bridge 721
Photograph: Karel Mondek
Sky Bridge 721
Photograph: Karel Mondek

関連記事

トルコに「世界で最も長いつり橋」が開通

ポルトガルからシンガポールまでの「鉄道の旅」が可能に

ヨーロッパの都市で最も徒歩でも観光に向いている都市は?

ニューヨーク、ブルックリン橋の自転車専用レーンが完成

アムステルダムに3Dプリンターで作られた橋が出現

最新ニュース

    広告