A view of a silver curved bridge over the canal in Amsterdam, seen from the water
Photograph: Adriaan de Groot

アムステルダムに3Dプリンターで作られた橋が出現

全長12メートル、素材はステンレス鋼

テキスト:
Rosie Hewitson
翻訳:
Time Out Tokyo Editors
広告

昨今3Dプリンターを使い、サッカーシューズや楽器、ゲーム機、義足、自動車まで、さまざまなものが製作されている。最近オランダでは、まるごと3Dプリンターで作られた橋まで登場した。

この「3Dプリント橋」が架けられたのは、全長12メートル。アムステルダムのレッド・ライト地区に流れる、最も古く、船の往来も多い運河の一つであるアウデザイツ・アフテルバーフワル。製作したのは、金属を使った3Dプリントを専門とするアムステルダムのハイテク企業、MX3Dだ。

橋の「プリント」に使われたのは、4台の標準的な産業用ロボット。それぞれのロボットのアームに溶接トーチを装備し、合計4.5トンものステンレス鋼を何層にも重ねていくことで、独創的な形状の橋を作り上げた。

設計と製作に費やした期間は、3年以上。2021年7月初めにオランダの王妃であるマクシマ・ソレギエタが参加した開通式が行われ、正式オープンを迎えた。すでに、毎日多くの歩行者や自転車が渡っている。

また完成した橋には、構造全体のひずみ、温度、振動などをモニターする10数個のセンサーが取り付けられた。収集したデータは、橋のデジタルモデルに反映させ、今後の設計に役立てるという。

近いうちにアムステルダムを訪れるのであれば、ぜひこの最先端の橋を渡ってみるといいだろう。

原文はこちら

関連記事

オランダの都市にMVRDVによる、音楽の山が出現か

アムステルダム市、外国観光客による大麻購入を規制か

オランダ大使館が芝浦にオランダ気分を満喫できる家をオープン

2021年版ヨーロッパの素晴らしい駅ランキングが発表

ニューヨーク市がブルックリン橋に自転車専用レーンを整備

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

最新ニュース

    広告