支部やアートプロジェクト
佃弘樹《Rebuilding the grown roots of desire》(2021年、右)、小林健太《Sneakers(Insectautomobilogy)》(2021年)

渋谷の工事仮囲いに佃弘樹や田中功起ら8人のアーティスト作品が登場

ナンヅカなどギャラリー中心に実施、2022年9月ごろまで

テキスト:
Time Out Tokyo Editors
広告

渋谷の中心にある渋谷ヒカリエのそばで、2021年12月1日から渋谷二丁目アートプロジェクト』が展開されている。プロジェクトが実施されているのは、ヒカリエと青山通りの間に位置しており、およそ120メートルの複合施設建設工事が進行中の工事仮囲い上だ。

渋谷アートプロジェクト
石井海音《駅》(2021年)

複合施設は渋谷2丁目17地区市街地再開発組合と組合員である東急が計画する『渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業』として建設され、2024年開業を予定している。

このアートプロジェクトは、工事期間中も建設現場の彩りや渋谷という街の魅力を向上させることを目指して実施されるもの。アーティストは、組合構成員であるナンヅカ(NANZUKA)とナンヅカの所属する日本現代美術商協会(CADAN)が「都市の移り変わり」をテーマに募集し、8つのギャラリーから作品を掲出している。

渋谷アートプロジェクト 
野沢裕《→□←》(2013年)

参加アーティストは佃弘樹、石井海音、横山隆平、野沢裕、森本美絵、高倉大輔、小林健太、田中功起。いずれの作品も「渋谷」という場所に着想を得た新作が中心で、2022年9月ごろまで掲出される予定だ。

渋谷アートプロジェクト 
森本美絵《scraoa》(2021年)

このプロジェクトに限らず、アートウォールは新宿で森山大道らが参加する『新宿アートウォールプロジェクト』(2022年初夏ごろまで)なども展開中。近くを通る際には、目を向けてみては。

関連記事

上野の歴史を読み解く展示、東京都美術館で開催中

日本最古のビアホール、銀座ライオンビルが登録有形文化財に

安藤忠雄のヴァレーギャラリーなど直島に2022年3月オープン

暗闇で会津漆器に触れて、ダイアログ・ミュージアムが新企画を開催中

クイーン、結成から50年の軌跡をたどる展覧会がスタート

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告