Hiroshi Sugimoto
Photo: Hiroshi Sugimoto 'Mondrian' (2014) © Sugimoto Studio

安藤忠雄のヴァレーギャラリーなど直島に2022年3月オープン

杉本博司の新ギャラリーにはガラスの茶室も

Emma Steen
テキスト:
Emma Steen
広告

直島と言えば、草間彌生のかぼちゃがある場所として広く知られているが、島全体もある意味作品となってきた。香川県香川郡直島町を構成する島々が、30年前のベネッセハウスに始まるコンテンポラリーアートの大規模なプロジェクトの舞台となってきた歴史があるからだ。しばしば「アートな島」と呼ばれるこれらの島々の中でも、直島は最も有名になった島であり、最も多くのインスタレーションを有している。

Tadao Ando
Photo: Shintaro MiyawakiValley Gallery

そんな直島だが、来る2022年には2つのミュージアムが新設され、さらに見どころが増えるだろう。いずれもベネッセハウスの30周年を記念してオープンするもので、中には建築家、安藤忠雄が設計したヴァレーギャラリーもある。このギャラリーは、同島での安藤による9番目の建築だ。

Tadao Ando
Photo: Katsuyoshi YanoValley Gallery
Tadao Ando
Photo: Katsuyoshi YanoValley Gallery

ヴァレーギャラリーは来年3月に開館予定で、李禹煥(リ・ウーファン)美術館の向かい側の山あいにあり、ベネッセハウスミュージアムと地中美術館の中間に位置する。ほかの安藤の作品に似て、コンクリート製のシャープな壁面と、自然光を取り入れるためのスリットが入った屋根を備えた外観が特徴だ。

Hiroshi Sugimoto
Photo: Hiroshi Sugimoto 'Mondrian' (2014) © Sugimoto Studio

新しくできるのは、これだけではない。杉本博司の作品を展示する空間、杉本博司ギャラリー 時の回廊も開館予定で、こちらは2006年に開館したベネッセハウスパークに展示されている杉本のいくつかの作品を野外展示した空間を拡大したもの。

ガラス製の茶室『聞鳥庵(もんどりあん)』がこのギャラリーのために移設されており、現在はベネッセハウスに滞在するゲストに特別に公開されている。ほかにも直島には、アーティストの作品を展示するラグジュアリーホテル、ろ霞も同時期に開業予定だ。

これらのギャラリーについての詳細は、Benesse Art Site Naoshimaの公式ウェブサイトを参照してほしい。

原文はこちら

関連記事

大宮エリーによる巨大体験型アート作品が梅田に登場

上野の歴史を読み解く展示、東京都美術館で開催中

クイーン、結成から50年の軌跡をたどる展覧会がスタート

瀬戸内国際芸術祭2022、参加アーティストなど企画内容を発表

ハリー・ポッターの歴史に迫る大規模な展覧会が開催

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

最新ニュース

    広告