『ネスカフェ こたつカフェ』
Photo: Keisuke Tanigawa

ネスカフェ原宿が期間限定で「こたつカフェ」に変身

特製『氷グラスのコーヒー』は1日10個限定で提供

編集:
Hayashi Hisato
テキスト:
Risako Tsukazaki.
広告

期間限定イベント『ネスカフェ こたつカフェ』が、2021年11月26日から12月12日(日)までネスカフェ原宿で開催中。こたつ席を店内に設置し、氷のグラスでキンキンに冷えたアイスコーヒーやひんやりスイーツを楽しむことができる。

『ネスカフェ こたつカフェ』
Photo: Keisuke Tanigawa

店内に現れたこたつ席はリモートワーク利用にも対応

2020年にも実施し、ネット上でも好評だった『ネスカフェ こたつカフェ』。今年はこたつ席を16席に増設し、そのうちの8席は「1人用こたつ」となっている。それぞれの席にはコンセントが付き、リモートワーク目的で訪れる人にはうれしい仕様だ。

『ネスカフェ こたつカフェ』
Photo: Keisuke Tanigawa

2人掛けのこたつが並ぶ背後には、ビーズソファブランド、Yogibo(ヨギボー)の『Yogibo Color Cushion (ヨギボー カラークッション)』があり、カフェを訪れた人は自由に使うことができる。こたつの温もりとヨギボーの心地良さが相まって、カフェであることをつい忘れてリラックスしてしまいそうだ。

こたつで楽しむ期間限定の「ひんやり」スイーツとアイスコーヒー

期間中はネスカフェのアイスコーヒーを、なんと氷でできた特製グラスで楽しめる。極限まで冷えたアイスコーヒーを、こたつで火照った体に流し込むのは格別。特製グラスの氷が溶けていく過程も面白い。氷グラスは1日10個の数量限定販売で、即完売の可能性もありそうだ。 

『ネスカフェ こたつカフェ』
Photo: Keisuke Tanigawa

加えて「こたつのお供」といえば、やはりみかんを忘れてはならない。アイスコーヒーのほか、店舗ではみかんをテーマにした3種類のスイーツを楽しむことができる。

左から時計回りに『ねこ型ヌガーグラッセ』(900円)、『みかんアイス大福』(850円)、『みかんシャーベット』(520円)
Photo: Keisuke Tanigawa

いずれもこたつとの寒暖差を楽しむべく、ひんやりとした舌触りが特徴。チョコペンで自由に顔を描ける『ねこ型ヌガーグラッセ』はクリーミーな味わいでアイスコーヒーとマッチする。『みかんアイス大福』はジューシーなミカンを丸ごと堪能でき、『みかんシャーベット』はさっぱりとした舌触りがやみつきになるだろう。

きっと癖になる「ぬくヒヤ」体験を提案

ネスレ日本によると、アイスコーヒーとして飲まれることが多いファミリーサイズ(900ミリリットル以上)のボトルコーヒーは、秋冬の市場規模がこの10年で2倍近く伸びているという。

「こたつでアイスを食べるとおいしい」とはかねてからいわれているが、今年は「こたつでアイスコーヒー」も定着するかもしれない。うたた寝をしないよう注意しながら、究極の「ぬくヒヤ」体験を楽しんでほしい。

『ネスカフェ こたつカフェ』の詳細はこちら

関連記事

コーヒーの香りを全身に浴びるイベントがネスカフェ原宿で開催

無料で高級食材を食べ放題、試食専門店が代官山にオープン

日本最古のビアホール、銀座ライオンビルが登録有形文化財に

Impossible Foodsがシンガポールで代替豚肉を発売

下北沢駅高架下に新しい商業施設「ミカン下北」が開業

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

最新ニュース

    広告